ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

同調性と区別性

テレビCMで知ったのだと思いますが、人は、この二つの傾向を同時に持っているそうです。

まず、同じグループにいる限り、人は他人と同じものを選ぶ傾向があります。
しかし、その中では、他人と違うものを選ぶというわけです。

例をあげると、仲間が皆、あるブランドのバッグを持っているとします。
自分も買おうというとき、やはりそのブランドを選んでしまう。

しかし、その中では、ちょっと形が違うとか、色が違うとか、微妙な部分で違いを出そうとするのですね。

セールストークに応用するとすれば、
「あなたと同じような方は、皆これをお選びになりますよ。この中から選んでおいたら間違いありません」
というのは、けっこう効くということですね。

その上で、微妙なところにこだわりが出るような薦め方がいいのでしょうね。
「この色はむずかしい色だけれど、あなたの個性にはピッタリだと思いますよ」
なんて…。

考えてみれば、ヒトだって動物ですから、目立つことで、よい異性を獲得しようとする習性はあるはずです。
半面、他の動物に見つかって獲物として追いかけられるのは嫌です。

群れの動きに従いつつ、目立つ。
当然といえば、当然の行為ではありますが、今に至るもそんな習性をひきずっているとすれば、おもしろいですね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-05-06 10:39 | 見て聞いて考えた