ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

ニーズとウォンツ

ニーズ、ウォンツに対応する…よく言われることです。
このニーズとウォンツ、けっこうごっちゃに使われるし、逆に説明してあるものにも出会います。


ニーズ : 必要性 生きるための最小限の欲求

 欠乏の状態から求める「必要性」
 人は常に、自分の生活に充足できていないもの求めますね。

 お腹が空いたら何か食べたい。
 夜遅くなれば眠りたい。


ウォンツ : 欲望 よりよくするための欲求

 「必要性」を満たすために特定のものを欲する「欲望」
 ニーズよりももっと踏み込んだ願望で、購買行動に近い感情ですね。

 お腹が空いたら、すぐカロリーになるパスタがいい。
 眠るときは、羽毛布団じゃなきゃ。


まずニーズがあるかどうかが前提。
自然発生的な必要性であるニーズに対して、何を提供するか、どんな形でそのニーズを満たしましょうと提案するか、となります。

ニーズに対して、提供物をマッチングさせ、市場に認知してもらってはじめて、「(ニーズを満たすなら)あれでなけりゃ」となるわけです。それがウォンツですね。


英語のニュアンス的にいっても、この順になるのだと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-05-19 16:53 | 見て聞いて考えた