ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

結果には原因があるけれど

何であれ、今の状態がそうであるには、何か原因があります。
ひとは瞬間瞬間、選択をしているのだすれば、何か原因となる選択をしたわけです。

今の状態が、もともと自分が望んだものではないということは、よくあります。
問題は、そこでどうするかです。

望んだものにできなかった原因や理由を考えて、もう一度やりなおしてみるというのが、よくあることでしょう。
しかし、それは必ずしも有効とは限りません。

なぜなら、現実はゲームのリセットというわけにはいかないから。
・その原因や理由がほんとうに「正しい」のかどうか、わからない
・最初の思いに対して、今という結果が出るまでに、単純に時間が経過してしまっている
・と同時に、環境の諸要素も変化している
・自分の中でも、最初の思いと、今の思いとは、変化している

だとすれば、原因や理由にこだわらず、「どうしてうまくいかなかったのか」ではなく、「どうやったらうまくいくのか」ウォッチし、うまくいきそうな選択を常にし続けていくことだろうと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-07-30 11:58 | 見て聞いて考えた