ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングという言葉が登場したとき、けっこう関心を持ってみました。

私は法科あがりということもあり、もともとけっこう理屈っぽいほうです。
理にかなった考え方は、性に合うのです。

ロジカルシンキングは、結局のところ、コミュニケーションツールと言えますね。
互いに、理解しあえる枠組みなのですから。

ビジネス人として身につけるべきものの代表のような言われ方をされました。
そして、そういう基礎的なことは早いうちに教えるのがいいだろうとも言われ、入って間もない人に教える会社もありました。

当座は、うまく使えなくても、若い時に教わることは、絶対役にたちます。
ほんとうにうらやましいな、と思います。

一方で、こんな話も聞きました。
新人にロジカルシンキングを教えると、何かをやらせたとき、「できない」とロジカルに説明してくる弊害がある、というのです。

結局、武器として正しく使えてないということですね。
たしかに、先が見えない領域に行くことを簡単にあきらめてしまう傾向があります。

それは自己肯定感の低さの問題でしょうか。

新人が、昔よりも早く、ひとりで立って歩けと言われる現代です。
大変といえば大変。私の若い頃より楽じゃないでしょうね。

で、根底で自己肯定感が弱い人たちが、前向きに挑戦するための武器として、ロジカルシンキングをうまく使えるようにするためにはどうするか。
その点に配慮して教える必要があるのでしょう。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-08-21 11:33 | 見て聞いて考えた