ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

心の安らぎと時間管理

『TQ(タイムクエスト)心の安らぎを発見する時間管理の探究』 ハイラム・W・スミス から

 第1の法則 時間をコントロールすることにより、人生をコントロールする

 第2の法則 価値観が自己実現の土台である

 第3の法則 日々の行動が価値観を反映しているとき、心の安らぎを経験する

 第4の法則 有意義な目標は安心領域(快楽と怠惰の習慣)を出ることによって達成される

 第5の法則 毎日の計画は集中力を高め、時間の有効活用を可能にする

 第6の法則 行動とは自分の本当の想いを反映したものである

 第7の法則 想いが現実に即しているとき、自分のニーズが満たされる

 第8の法則 間違った想いを改めることにより、否定的な行動は乗り越えられる

 第9の法則 本当の自尊心とは、自分の中から生まれてくるものである

 第10の法則 多くを与えれば多くを得られる

 ------------------------

時間意識と価値意識を関係づけて考えるのは、大賛成。

ただただ時間を有効に活用するにはといった、つまりスキマ時間をうまく使いましょう、というレベルではない、もうひとつ奥の考え方があるはずと思っていました。

充実感の観点から、生き方の価値観と関係づけるのは、キャリアの考え方も同じ。
ライフキャリアの考え方を微分すると、時間管理になるのだと思います。

交流分析では、ストロークの質と量につながる区分で、時間を再構成しなさいというのですが、それにも通じる考え方だと思います。

けっこう前の本ですが、今はやりのコンフォートゾーンの考え方にも言及しています。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-10-19 11:48 | 見て聞いて考えた