ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

質問・・・あるシンポジウムで

パネルディスカッションの最後、司会者が場内から質問をつのりました。
終了予定まで、あまり時間は残っていません。
「短めにお願いします」とも言っていました。

最初に指名されたのが、年齢お高めの男性。
「某県でカウンセラーをしております、△と申します」、礼儀正しくご挨拶されました。
そこまではよかったのですが・・・。

問題と感じていること、その県の様子、所属団体の取組、・・・・・・、話すわ話すわ。
自説をさんざん述べられた上で、「このあたりについて、〇先生いかがでしょうか」。

このスタイルをどこかで開発されたのでしょうねえ。
きっと国会中継でしょうね。(ルール違反だろう!)


次に指名されたのが、中年女性。
「コミュニケーションなどの講師をしております」とのこと。

元どこやらにお勤めで、壇上の☆先生とのご縁がどうなどという話のあと、
「いくつかあるのですが、ひとつひとつ申し上げたほうがよろしいですか?」
(もう終了時間なのに、そもそも、その時点でルール違反!)

何を聞きたいのか、まとまらないことをいろいろ述べて・・・
(司会者も、要約できずに困っていました)、
結局、壇上のスピーカーの一人である公務員氏に向って、
「これこれのことをご提案したいと思いますが、どんな形でお話申し上げたら・・・」。
(完全に営業じゃないか!)


厚かましいにもほどがあるという人が、ふたりも登場したという次第。
しかもひとりはカウンセラー、ひとりはコミュニケーションの講師ですと!

どちらもコミュニケーションとは何たるか、身についていて当然なのに。
さしもの穏やかな私も、靴でも脱いで投げたくなりました。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-11-21 16:45 | 見て聞いて考えた