ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

夢と志

遠い先の、ありたい姿のイメージを「夢」と言いますね。
これは、いつの頃からのことなのでしょうか。

おそらく横文字の訳から来たのでしょう。
しかし、日本語で「夢」と言うと、まずは夜、眠りながら見る物です。

もろい、はかない、といった感覚がつきまといます。
そんなことがあって、私は未来予想図と言っているのです。

さて、昔は「志」と言ったのではないか、と最近思い当たりました。
特に、個人にとってのありたい姿については、そうだと思います。

実現のためには行動が必要であり、そこには意志の力がいります。
頭の中でころがしているだけではだめ。

となれば、「志」のほうが、そこに向かうぞという力を感じられて、適切だと思います。
漢字の力は、すごいです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-05-26 10:01 | 見て聞いて考えた