ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

トップとのコミュニケーション不足

菅首相と海江田経産大臣との、ボタンのかけ違いがひどいことになっています。


九州電力玄海発電所の稼働再開に向けて、海江田氏が動き回って懸命に根回しし、目処がたったところで首相が全部の原発でテストをするのだなどと言いだす。

おかげで、地元首長はへそを曲げるわ、九電の「やらせ」問題がクローズアップされるわ、さらにその火元は佐賀県知事だなどという話も出てきて、なんだか茶番の大騒ぎに発展。
なんだかなあ、としか言いようがない。


部下が戦線でがんばっていると、上司が違うことを言いだす。
「おいおい、聞いてないよ」

これぞ、必殺「はしごはずし」。
世の中によくある話ではあります。

というより、会社などでは日常茶飯事かな。
これほど見事な「はしごはずし」は、なかなかありませんが。


日常に追われていると、自分がこうしていることは(今回は特に、これだけ報道もされているから)、上は「わかっているはずだ」と思いこみます。
ただ、上には上の事情もあるのです。


復旧のゴールと手順のイメージが共有されていれば、こんなことは起こらなかった。
つまりは、両者のコミュニケーション不足によるわけですね。

しかし、ややもすると、「わかっているはずだ」でなく、「わかっているべきだ」と思い始める方もある。
それではストレスも倍加します。

結局、相手を責める気持ちになっても、何の解決にもなりません。
こんなことにならないために、どうすればよいか、と学ぶしかないのです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-08-11 10:12 | 見て聞いて考えた