ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

講演のテーマ

◎人生これから ~心理学に学ぶ、活き活きと生きるちょっとした方法

人生を、時が流れるままに生きるのもひとつの生き方。
でも100歳の方が珍しくなくなった現代、人生を活き活きと生きられたら、それも良いのでは…。
経過する時間は同じでも、人生を充実させるのに、ちょっとしたうまい工夫があるのです。
E・バーン(交流分析の創始者)、D・スーパー(キャリア理論の先駆者)など、心理学者が提唱した心理学の考え方から、「良いとこ取り」してしまいましょう。


◎人生無駄はないなぁ ~ライフラインでふりかえる自分自身の人生

これまでの人生をふりかえって、何の気なしにしたことが、後になって役立ったなどということが、よくありませんか。
私自身、ちょっとした一歩が、後で思わぬご縁につながったなどということが、よくあります。
そんな観点から、ライフラインというグラフを使って人生をふりかえり、機嫌よく生きるには、どうすればよいのか、考えてみましょう。


◎人生はわかちあい ~コミュニケーションであったか暮らし

昔とくらべると、私たちは、ほんとうに日々忙しく暮らしていますね。
そんなことが、ちょっとしたギスギス、イライラにつながっていませんか。
思いを分かち合うことが、本来のコミュニケーション。
あたたかいコミュニケーションの形を体感して、コツをつかみましょう。


◎ふれあい、わかちあい、ささえあい、いきいき人生
 ~ふれあいの心理学「交流分析」


あたたかいふれあいは、心の栄養です。
私たちは、赤ちゃんのころから「なでなで」で育ち、実は大きくなっても、それを求めているのです。
そうしてもらうことで、「自分は生きていていいのだ」と確認できるのです。
日常でも、あたたかい「ふれあい」を大事にしましょう。


◎息子が朗読する母の物語 ~ひとりの女子挺身隊世代の戦争と平和

昭和2年生まれの母は、ときどき昔をふりかえってエッセイを書きます。
暗い時代であったからこそ、よけいに輝く青春のひとコマです。
私は6年ほど朗読を学んできましたが、今年初め、ある介護施設の慰問で、ふと思いつい
て母の作品を読みました。そのとき、場の空気が熱く変わったのを感じました。
おいでくださる皆様とも重なる部分が多いはずの、一人の人間のナマの体験を聞いていた
だき、ご自身の思い出も呼び起こしていただくきっかけになれば、と思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-10-30 12:13 | 見て聞いて考えた