ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

お前が考える7割で良しとして、ほめてやれ

星野リゾート社長、星野佳路さんが、「リーダーとしての心構え」にしている言葉

 おまえが考える7割で良しとして、ほめてやれ

学生時代、アイスホッケーのリーダーとして、チームに猛練習を課し、うまくいくどころか雰囲気がどんどん悪化していった時、当時の監督が言ってくれた言葉だそうです。

私がいいと思うのは、「7割」という表現です。
ただほめろではなく、ガイドラインを設定しているところ。
また、7割というのも、ほどがよいと思います。

半信半疑でやってみたところ、メンバーは自らきつい練習をするようになり、チームはリーグ優勝。

相手の良さを見つけ、ほめること。
ゴールを失敗したことではなく、チャレンジしたことをほめること。
これこそがチームの大事な原動力。


誰かが何かを言ってくれた時、それが心に残るかどうかは、聞いた側の人の境地が大きくかかわると思います。
星野氏は、本当に悩んでいたのでしょう。

だからこそ、その言葉が心に入ったし、実際に疑問を感じながらも実践したのでしょう。
すばらしいことです。

日本の会社は、できて当たり前が多いです。
トップが、こうした言葉を公言実践する会社は少ないと思います。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」言葉のチカラSP2 
2012年2月6日放送
プロフェッショナルを導いた言葉 より
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-02-10 15:20 | どこかで知った名言・至言