ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

願掛けとは目標管理である

願掛けとは、本来「神頼み」ではなく、目標管理なのだと思います。

人は、何かを実現したいと思ったとき、願をかけます。
百日参りをしたり、何かを絶ったりします。
ちなみに、お賽銭をあげて、「どうぞ~が~なりますように」などというレベルのことではありません。

昔の人にとっては、今以上に神仏は重いものであったはず。
そこに願ったからには、こちらも何か犠牲を払って、と考えるのかもしれません。

しかしそれにより、頭の中にそのことが焦点付けされます。
すると、脳は出会うことにヒントをさがします。
好きなタレントの記事が、何の気なしに見る電車の中づり広告から見つかるようなものです。

また日々の選択の場面で、実現につながる方を選ぶでしょう。
直接の行動の多くは日参や〇〇絶ちであり、それら自体は実現につながらないでしょうが、人によっては、もっと積極的な行動をとるかもしれません。

いずれにしろ、何もしないのとくらべると、大きな一歩となりますね。


このところ、目標管理について考えることが多いのですが、竹生島を歩きながら、ふとひらめいた次第。
こういう、神様がちらっと手帳を見せてくれる瞬間が楽しいです。
[PR]
by 50tempest | 2012-06-27 10:19 | 見て聞いて考えた