ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

怪しい文書が届きました

先日、怪しい文書が届きました。

大阪の会社で、「日本〇〇〇ックシステム」名義です。
パンフや信託受益権の募集文書が入っています。

何か変なのです。
まず「~様方」とありながら、名宛人がありません。
パンフも垢抜けなくて、プロが作った感じではありません。

募集文書も、内容がピリッとしません。
何よりも、名義人からの、鏡の文書がついてません。
こうした権利のからむ文書は、ロジカルな、それなりの思考のできる人が担当するはずなのに。

音に聞く、高齢者にうまく持ちかけて、金を巻き上げようとする輩ではないかと疑われました。
そのうち電話がかかってくるぞと、カミさんと申し合わせていたところ、来ました、来ました。

電話をとったカミさんの話では、要するに「儲かる話に乗らないか」ということだったそうです。
利殖用マンションを買わないか、という電話が、ひところずいぶんあって閉口したものです。
雰囲気として、似た匂いがしたようです。

なるほど、こういうものなのか、と深くうなずいた次第。
[PR]
by 50tempest | 2012-11-13 16:02 | 見て聞いて考えた