ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

敬語指導のポイント6つ

敬語の指導をするとき、ポイントは次の6つです。

1.基本語に絞ること

たくさんの言葉を覚えさせようとしてもダメです。
日常的によく使う言葉にしぼることです。
たくさん覚えようとしても効率が悪いのは、言うまでもありません。
土台をつくることができれば、ボキャブラリは次第に広がります。

2.口に出させること

頭で考えて答えられるのではだめです。
まして、紙に書けても役に立ちません。
考えずに、口に出てくることが必要です。
ということは、何度も口に出して身につけなければなりません。

3.用例は、日常的なものに近くすること

覚えたら、使う機会がたくさんあるとよいのです。
日常的に耳にする機会、使える機会があれば、学ぶことにモチベーションが上がります。
また、違いを修正するためのフィードバックも得られやすいというものです。

4.否定しないこと

大人だって、誤って覚えていることはたくさんあります。
知らなくてOK、違っていてOKなのです。
だから皆で学び合うのだ、ともに学ぼうよという空気が、学ぶ気持ちを支えてくれます。

5.楽しむこと

ゲーム化して学ぶと、楽しく身につきます。
楽しいという感情は、人間の本質的なものだと思います。
そして、その感情にひたりながら学ぶと、身に付きやすいのです。、

6.たくさん聞くこと

正しい敬語、美しい敬語を聞く機会をできるだけ増やしたいものです。
これが最もむずかしいのですが。
古典演劇に触れるのがよさそうに思います。
耳ができれば、よい悪いの判断ができます。
正しい敬語が耳に残るようになります。


敬語トレーニングカードのご注文はこちらから
クリックしてくださると、注文フォームが出ます。
[PR]
by 50tempest | 2013-10-10 07:33 | 仕事の記録