ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

交流分析入門講座で考えた

口語の心理学、ふれあいの心理学、交流分析を学んで、心を軽くしませんか。

私のベースは交流分析なのですが、いろいろな心理学をかじったりもしてきて、結局、これに戻ったなと感じています。

たとえば、「コミュニケーションは大事だから、コミュニケーションをよくしなさい」と言いますね。
誰も、こんなことには反対しない。

でも、では具体的にどうするんだ、となったら、答を持っている人は多くないでしょう。

ひとつは、コーチングやカウンセリング、あるいはNLPで、傾聴を学ぶという手がありますね。
また、伝え方、話し方の要領を学ぶという手もあるでしょう。

でも、もっと本質的なこととして、あることを聞いたとき、何を思うか、言うか、言いたくなるか、という問題があります。

それなくして、いくら聞こうとしても聞けないし、話し方がうまくなったところで、相手とよい関係は築けないのです。

そこで、交流分析。
自分が、どんな風に反応する人間なのか、またそれはどこから来るのか、などに気づくことで、コミュニケーションは本質的によくなるのです。

また、コミュニケーション、コミュニケーションと騒がなくても、人間関係を作り、よくしていくツボがわかるのです。

楽しいですよ。


敬語トレーニングカードのご注文はこちらから
クリックしてくださると、注文フォームが出ます。
[PR]
by 50tempest | 2013-10-14 07:13 | 仕事の記録