ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

ふれあいの心理学「交流分析」で心を軽くする講座

人は人のことで悩むものです。
ただ、人間関係は相互の関係ですから、落ち着いて考えると、悩みの元が実は自分の方であったりもするのです。
交流分析を知ると、自分のいろいろなことが整理できて、ストレスも減らせます。

◆期 間:平成26年1月30日~3月13日 計4回
      13時15分~14時45分

◆受講料:8,000円 (テキスト代630円は別途)

◆会 場:淑徳大学池袋サテライト・キャンパス


【講座内容】

1. 1月30日 : 「自分」は、自分が知っている以上のもの
2. 2月13日 : もっともっと活き活き人生にする
3. 2月27日 : あたたかいコミュニケーションの方法
4. 3月13日 : 自分の人生、まるごと好きになる


【ポイント】

1960年代にアメリカで生まれた「交流分析」は、日常的な言葉を使い、図式で考える、わかりやすい心理学です。現代を生きる私たちにも、とても役に立ちます。人は人間関係の中で生きていますから、その中で喜びも悩みもします。そうした交流のしかたを手がかりに人間を見ていく心理学です。

◎人は誰でも喜びに生きるために生まれてきた。
◎人は考える力を持っている。自分の生き方を自分で決める力もある。
――それが、交流分析の哲学です。つまり、交流分析が目指すのは、自律の生き方なのです。

もともとはメンタル不調を支援するために生まれたものですが、こうした考え方は一般の方にも役立つので、企業研修などに広く応用されています。

楽しく知って、楽しく話して、心を軽くしましょう。
[PR]
by 50tempest | 2013-10-28 21:41 | 日々の交流分析