ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

還暦のフォーク歌手たち

今でもやってるフォーク歌手たち、もうそろそろ還暦ですよね。
だいたい私の○年先を行ってるのでわかります。

少し前なら、還暦の歌手なんていったら、懐メロ歌手です。
でも、彼らは若々しいですよね。すばらしい。
曲も作り続けているし。

元グループサウンズがいろいろ集まってやるNHKのコンサートは完全に懐メロ大会のノリで、出てくる人も、昔の面影もなく太りまくっていたりしますがね。

私の高校時代は、フォーク全盛でした。
ギター1本あれば、すぐシングアウトでしたね。
文化祭の終わりなどは、「友よ」の大合唱。私も曲りなりに、かき鳴らしたものです。

あの頃は、音楽的にもシンプルで、テクニックも、あまり高くない人もいました。
メッセージのほうにウェイトがあったんでしょう。

大学時代になると、歌が私小説的になりました。
かぐや姫、井上陽水、吉田拓郎、などなど。
皆が集まって歌うという感じではなくなりました。

今までやってる人たちは、さすがに音楽性も高いですね。
その点で、あえて一人あげるとすれば、小田和正でしょうか。

こうしてあらためて考えてくると、彼らは団塊の世代なのですね。
団塊の世代のエネルギーってすごいのです。
社会的にいろいろなレボリューションを起こし、企業にはいっては高度成長以降の繁栄を作り出しました。
音楽面でも、フォークにしろ、グループサウンズにしろ、新しいジャンルを拓いたのは間違いありませんね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-01-16 19:20 | 見て聞いて考えた