ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

エニアグラムをやってみた

あまりタイプ論は好きじゃありません。特に血液型の話は信じる気になりません。
タイプ分けも、物を見るフレームには違いないので、意味はあると思います。
レッテルを貼っておしまい、は嫌なのです。

要は、どう使うかです。
エニアグラムをチーム編成に応用するなどは、優れた使い方だと思います。
自分のタイプをふまえて、その特性を活かすように行動するなどもいいですよね。

というわけで、自分のを初めて調べてみました。

 ========================

■タイプ5-知識を得て観察する人

常に物事の本質を見抜き、知識や情報を集めて自分の知的世界を構築します。分析力や洞察力に優れ、独創的な仕事を好みます。何事にも客観的な傍観者でいたいと思い、事態に巻き込まれることを恐れます。周囲には「静かで知的な人」という印象を与えます。 沈着冷静な観察者で、自ら進んで話すことは少なく、無駄話には全く興味がありません。すべての状況を把握し、熟慮した結果でなければ、自分の意見は言えないと思っています。知的能力に自分自身の存在価値をおいているので、愚か者と見られることを心よしとしません。 一人でいることを好み、自分の時間が邪魔されるのを嫌い、大勢の人と一緒にいるとストレスを感じます。感情を表現するのは苦手で、人との交流を好まず、人間関係は最小限に止めたいと思っています。その結果、わずらわしいことがおこると、逃避する傾向があります。

■モットー:知識は力である。

■基本的な考え:物事の本質を知ることがいちばん大事だ。

■プラス面:情報を集め、豊富な知識を持つ。分析力、洞察力がある。
         危機になっても冷静に状況を観察する。
         自分が納得するまでよく考える。
         感情に流されない客観性がある。

■マイナス面:プライバシーを守り、対人関係を重要と考えない。
         傍観者になる。
         知識を誇り、人を見下すような態度をとる。

□理想の状態:知識や物への執着を捨てる。
         自然に人とギブ・アンド・テイクができるようになる。

□避けたい状態:喧騒のなかに身を置く。
         感情的なことに巻き込まれる。 空虚感に陥る。

□安定時:考えたことがすぐ行動に移せる。
         人と打ち解けて率直に思ったことが言える。

□ストレス時:落ち着きがなく、あれもこれも手をだすが集中できない。
         人と接しても気持ちが離れている。

□衝突のパターン:つきあいが悪い。
         感情を抜きにして理論的に仕事を進めたがるので、
         相手は心が通じないこと に不満や苛立ちを感じる。

 =================================

■エニアグラムの九つのタイプの特徴

 タイプ1: 完全でありたい人  5
 タイプ2: 人の助けになりたい人  3
 タイプ3: 成功を追い求める人  5
 タイプ4: 特別な存在であろうとする人  1
★タイプ5: 知識を得て観察する人  9
 タイプ6: 安全を求め慎重に行動する人  4
 タイプ7: 楽しさを求め計画する人  6
 タイプ8: 強さを求め自己主張する人  1
 タイプ9: 調和と平和を願う人  0
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-06 08:18 | 見て聞いて考えた