ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

最初に買った新書

最近、新書がふえましたね。
コンパクトで、ひととおりの知識が得られ、お値段手ごろ。
けっこうファンです。

企画勝負ということで、出版各社は知恵をしぼるのでしょうね。
それに惹かれて何冊も買ってしまうので、読みきれてない新書がたまる一方です。

最初に買った新書は何だったか、思い出してみました。
おそらく、岩波新書の「古川柳」だと思います。
川柳は、落語との関係でなじみがあったのです。

大学受験で札幌に行き、地下街をぶらぶらしていた時、紀伊國屋書店で見つけました。
函館には、新書がずらりと並んだ書店はなかったし、それまでは受験参考書コーナーばかり見ていたので、新鮮に感じました。

ちなみに、最初に買った文庫のほうは、新潮文庫の星新一「ボッコちゃん」です。
これは高校時代でしょう。
当時はお小遣いがなかったので、文庫一冊でも、けっこう迷った気がします。

今、ちょっと面白そうに思ったら、新書一冊700円くらい。
とりあえず買っておくことができるのは幸せなことです。
また、いつか自分も書いてみたいものだとも思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-03-11 08:20 | 見て聞いて考えた