ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

大谷さんは熱い

志縁塾の大谷由里子さんのセミナー
【限定版】指名される講師になる!「講師塾」 に行ってきました。

いつもながら熱いです。
エネルギッシュです。
おもしろくて、深いです。

講演のネタの作り方や考え方など、色々教えていただきました。
貴重な情報です。

あまり書くと怒られますが、心覚えにちょっと・・・・。
いかに自分が小さくまとまってしまっているか、揺さぶられました。

 ============

最初の3分が命。つかみが肝心。
自分の専門を言ったら、続けてプチネタを言って、面白そうと思わせろ。

スキル系の人は、まず役立ちネタや実例を5発くらい連発しろ。
偉い人には、朝礼に使えそうなミニネタを提供しろ。

スキル系講師は誰でもできてしまう。
なぜこのスキルを学んでほしいのか、スキルに思いを乗せろ。

経験をもとに5分ネタをたくさん作れ。
5分の中に、起承転結を作れ。

 ============
(HPから引用)
○「大谷さんの研修は面白いし、すぐに使えるからいいよね」
×「今日の研修は面白いし、すぐに使えるからいいよね」

「指名される講師になる」には、この違いを解った上で
ご自身の持つ個性を、魅力的に表現できるかどうかにかかっています。

「指名される講師とは、どういう人だろうか?」
指名される → 「代わりがいない」
講師     → 「心に火をつけるプレゼンター」

■指名される講師への5つステップ
1回の講師料が、お車代から始まり50万円以上になるまでには、地道ながら
確かなステップがあります。
どんなステップがあるのか、どのようにステップを踏めばよいか。
どんな姿勢で臨むと良いか、お客様に喜んでいただくには? など、

トライ&エラーを繰り返して実体験した「ポイント」を、シンプルにお伝えします。

■年間1億円のオファーに応える大谷由里子の「講演・研修コンテンツ」
レクチャー(学者)とプレゼンターは違います。

講師は、【表現者】 すなわち‘プレゼンター’です。
プレゼンターには、メッセージ(=哲学)が必要です。

■大谷由里子が売れている秘密
□ネタ
・寝かせない、飽きさせないために
・ネタの命は鮮度
□ストーリー
・ストーリーのある話
□参加者の満足
・お客さんの反応に合わせる
・すぐに使えるノウハウ
・持って帰れるお土産

志縁塾では『感じて、興味をもって、動く』人づくりをコンセプトに、「志」のある方々を応援しています!
後世に残せるのは、「志」。 人は誰でも可能性を秘めています。
熱い志と、向上心を持った皆様にお会いできることを楽しみにしています。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-03-23 08:08 | 見て聞いて考えた