ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

市電の街

このところ、父の容態の関係で、たびたび函館に帰ります。
年度末のどさくさに加えて、そんなこともあり、更新が滞っています。
ご容赦ください。

 ==================

函館は路面電車の町です。
5分間隔で走っているので、たいへん便利です。
市電が走っている姿を見ると、郷里に帰ってきた気になります。

ひところは、邪魔にされました。
交通局の財政赤字を背景に、一部の路線は撤去されました。
台数も減らされたことがありました。
当然、時間によっては、待ってもなかなか来ないという事態を招きました。
市電ばなれを進める結果になりました。

色々あった末に、市バスがなくなりました。
そして、市電の走る台数がふえました。 
市の人口の高齢化とともに、テンポの合った交通手段として見直されたようです。
それにしても、常時5分間隔で運転するというのは、どなたが出したか、すばらしいアイデアです。
スピードは速くはありませんが、所要時間の計算ができます。
これでこそ、交通インフラというものです。

市電に乗っていると、小学生の頃、市のほとんど端から端まで、市電で市立病院に通っていた頃を思い出します。帰りは乗り換えキップを活用して、わざわざ別路線を回ったりしたものです。
電車の中はこんなに狭いものだったかなあ、という感慨もわきます。
これで昔は車掌さんもいたんですから…。

今回は、運転士さんがけっこう若いのに気づきました。
女性の運転士さんもいました。
市電を仕事にしようという人がいる、うれしいことです。
観光資源としても、市民の大事な足としても、市電にがんばっていてほしいと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-08 08:00 | 見て聞いて考えた