ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

高齢化の街

今さらですが、函館を歩いてると、お年寄りの多いのに気づきますね。
80になる母が市電の中から外を見て、「ホントに年寄りばっかりだねェ」と言うぐらいですから。

母が料金半額パスを見せてくれました。
私は「なんだ、80でもタダじゃないのか」と言いながら、まわりを見回して納得。

乗ってる人はあらかた60過ぎ。
タダにしたら、乗客が一人も払わないことが珍しくなさそうです。


函館の街は道幅が広く、中心部にグリーンベルトも広くとってあります。
かつての大火の教訓です。

ただ、近頃、表通りの店舗が軒並み閉めてしまった所がかなりあります。
そうなると、道幅が広いだけに、閑散とした感じが増すようです。

街を離れてしまった自分にも、責任の一端があるように感じられてきます。


しかし、物は考えようです。

函館は住みよいのです。
暑くも寒くもなく、海産物を中心に新鮮な食べ物も豊富、人に人情味も。

昔から、北海道内を転勤してあるく教員が、引退後に住む街は函館でした。
子供と同居するために都会に出た人が、あまりの暑さに、函館に戻ってきてしまったなんて話もよくあります。

お年寄りが多いのは、住みよさの証と言って間違いないと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-13 12:14 | 見て聞いて考えた