ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

庶民の相続関係手続き その4 名義変更あれこれ

人間、自分名義で受け取っているサービスって、ずいぶんあるものです。

その2で、口座引き落としの変更について書きましたが、目論見どおり、スムーズに切り替わりました。
ただ、それはあくまでも父名義の引き落としを、母名義の口座に変えたということです。

まだ父の名義のままですから、それらは変更する必要があります。
多分、放っておいても、実害はないかもしれませんが…。

というわけで、片っ端から電話しました。
水道、ガス、電気、NHK、などなど。

幸い、どれも電話で済みました。
年寄りのことで、さほど多くはないはずなのに、色々あるものだなあと思いました。
私なら、名義の変更や解約が必要なことは、クレジットカード、所属団体など、ゾロゾロ出そうです。


さて、NTTだけは、ちょっと扱いが違います。
例の、戸籍謄本を添えて書式を出すというようなことになっています。

電話加入「権」といった考え方の名残りなのでしょう。
ただ、今、その権利のようなものが、どうなっているのかはよくわかりません。
昔むかしは、債権のようなものを買ったらしいのですが…。

電話の名義を変えるのはやめにしました。
名義を変えてしまうと、母の名前が電話帳に出てしまいます。

時節柄、あれやこれやと売り込みの電話がかかってきます。
女所帯と見られては厄介事も考えられます。

と言って、電話帳からはずしてしまうと、地方都市では色々不便も起こります。
ここはひとつ、あの世の父に、もうひとがんばり魔よけになってもらおうというわけです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-05-19 08:07 | 見て聞いて考えた