ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

マネージャーのコミュニケーションのツボ 2 微笑み返し

微笑み返し。
歌のタイトルではありません。

何かしてもらったとき、挨拶されたとき、言葉とともにスマイルを返すのがコツです。

とっさに言葉が出なくても、スマイルだけでも効果は十分です。
気のきいたことのひとつも言おうとして失言するより、スマイルだけのほうがいいくらい。


とはいえ、スマイルってむずかしい。
鏡を見てスマイルを作ってみてください。どれだけ強張っているか、不自然か。

大げさなようですが、そこに人生の生き方が出ると言っていいのです。
もし、自然なスマイルができている方は、それだけですばらしい強みを持っていることになります。


もうひとつ。ストレスにさらされていると、顔はつい無表情になります。
無表情で忙しそうにしている人からは、それだけで近寄りがたいオーラを感じてしまいますね。

でもそんな時、その人は、本当は温かいふれあいを求めています。
子供のとき、自分だけ放っておかれて、「…いいもん……」とすねているような感じ。
温かいスマイルをあげたら、きっとストレスに耐える元気が出ます。

また自分でも、忙しい忙しいと思ったときは、今どんな顔をしているか、ちょっと気づけるといいですね。眉なんか、しかめるのが癖になってはいませんか。
話しかけてほしいのに、つい「自分は忙しいんだ、たいへんなんだ」というポーズをとってしまう。
それが、逆に話しかけにくいオーラを発してしまうのに…。
人間って、皮肉な、でも可愛いものだと思いませんか。


できれば普段から、軽い微笑みをたたえているくらいにしたいものです。
だって、逆の立場だったら、自分だって微笑んでいる人のほうに行きたいですよね。

もし、人というものが、自分にチャンスを運んでくれるとしたら…。
スマイルがチャンスを呼び寄せると言えそうですね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-09-18 18:59 | コミュニケーションのツボ