ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

夫婦の会話

ある会合で、雑談が夫婦のことになりました。
ある女性が、「夫は兄みたいな存在だ。たまに『お兄ちゃん』なんて言ってしまう」と言い、そんな形もあるんだなと、おもしろく聞きました。

うちはと聞かれて、「歳も近いし、趣味も近いし、少なくとも兄弟ではない。同志かな」なんて答えました。


会社勤めを辞めたので、ふたりで時間をすごすことが多くなりました。
けっこう新鮮に感じています。

30年近くも夫婦をやってきて、これまでも、平均的な同年代のご夫婦より、一緒に何かしたり、話すことは多かったと思うのですが、それでもあらためて色々気づくことがあります。

そう感じるのは、こっちが聴き役になる形が多いせいかもしれません。
しかし、おそらくは、カミさんのほうも何か感じているでしょう。


私は、たとえばカウンセリングを学んだ分、若いときとは見る目が変わったでしょう。
カミさんも、子供を育てあげ、外での経験も色々して、成熟した女性としての目があります。
発見があるということは、新鮮味があることでしょうから、これからもこうありたいものです。


つながれる場所がほしいよね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-10-23 10:54 | 見て聞いて考えた