ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

「レッド・クリフ」見てきました

レッド・クリフ」見てきました。
いやあ、とにかく大作ですね。

ほんのふた昔前、中国映画と言えば田舎と人物を地味に描いたものが多かったと思うのですが、ここまで来たかという感じ。

コンピュータグラフィックを使ったにしても、これだけの人の数と動きは素晴らしい。
昔は、史劇と言えばチャールトン・ヘストンで、ハリウッドの専売特許でしたが、今は中国しか作れませんね。

格闘シーンなどでは、チェーンアクションがお約束。
将軍がどうしてそんなに自ら闘うの?なんて野暮は言いっこなし。
これはアナログ感があるので、全体のなんとないデジタル感を和らげてくれています。

私のようなオジサン世代は、古典のストーリーをふまえて楽しみます。
もっとも私は「英雄ここにあり」 柴田錬三郎ですが。

赤壁の戦いそのものが始まる「パート2」が楽しみです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-11-24 09:10 | 見て聞いて考えた