ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

何とかならんか その5…米百俵

景気対策に、国民にキャッシュを配るのだそうです。

手間もかかるし、効果も期待薄。
心ある人たちは、みな愚策だと言っていますが、結局やることになったみたい。

人は違えど、同じ党の党首が「米百俵」を話題にしたのは、つい数年前でしたよね。
明治維新で敗れた越後長岡藩の為政者、小林虎三郎が、親類藩からの義損米百俵を、配れという藩内の声を押し切って学校建設に充てたというエピソード。

こういうとき、将来を見通した手を果敢にうつ人が、真のリーダーとしてふさわしいのだと思います。それができれば、漢字が読めなくても許されますよね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-12-22 07:34 | 見て聞いて考えた