ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

オバマさんについての雑感

オバマさん就任をめぐって、私の頭にうかんだアブクです。


オバマさんの演説はすばらしい。
選挙の過程を経る中で、カリスマ性も磨かれてきたと感じます。
今すなおにカッコいいですね。


「言葉の力」が再認識されていますね。
苦しいときを乗り切るには、やはり言葉が力を持つのだと思います。


スピーチライターという存在が、実名で脚光を浴びたのも、今回の選挙が初めてなのでは。
勝利演説など、ほんとうに台本のすばらしさ。
それを語りかける話し手のすばらしさは、言うまでもありません。


わが朝の国会での演説は、感動のないこと、おびただしい。
もっと中継して、いい悪いをマスコミが論評してはどうでしょう。
特に、いい演説を評価することです。


国内だけでなく、世界中から期待されて、オバマさんも大変ですね。
彼も神様ではないのだから。


かつての上司が、こんなことを言っていました。
「長として赴任するなら、業績最低のところに行くに限る。あとは上がるだけだから」。


経済と市民生活が大混乱している中に登場する、演説のうまいヒーロー。
かつてヒトラーも、こんな感じで生まれてきたのでしょうか。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-02-04 08:09 | 見て聞いて考えた