ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

景気混乱のアレルギー

景気が混乱し始めてから、またなかなか復興の動きが見えてきません。
かつてのバブル崩壊の後は、とにかくこれからは内需拡大だという声が沸き起こったように思うのですが。

非正規労働者の問題が派手に出ましたからね。
これとても、かつての不況にこりた企業が、それっとばかりに果敢な措置をとったことで、問題が相乗化したように思います。
まあ、一種のアレルギー反応ですね。

会計基準が変わって、潜在的なリスクも評価としてオープンにするようになりました。
そのあたりも、ドラスティックな数字につながったのではないでしょうか。

たしかに、輸出に依存している企業にとっては、これまでにない大規模なトラブルには間違いありません。
加えて、政府の対応が、なんだかミソのつけまくりなのですから、ちっとも先が見えてきません。

でも、政府がピンシャンしなくても、街はそんなに暗くない。
考えれば、内需中心の企業だってあるわけですし、そのあたり、「落ち着け。わが国には底力があるぞ!」と、一喝してくれるリーダーがいれば、こんなには混乱しないのではないか、と思うのです。



日経新聞の暗示効果
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-02-23 22:31 | 見て聞いて考えた