ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

無視刑囚

古いビデオ「無視刑囚」を見る機会がありました。
「新トワイライトゾーン」というテレビドラマシリーズのひとつです。

 -------------------

時は近未来、ひとりの男が冷淡罪で有罪となる。
同僚などから訴えられたのだ。

矯正のために、1年間の無視刑を言い渡される。
額にマークをつけられ、空中を小さなUFOのような監視装置が漂う。

周りの人はそのマークを見ると、話しかけるのをやめ、無視する。
彼は「The Invisible Man」というわけだ。
1年ぐらいどうということはない、と強がっていた男も、次第につらくなる。

カフェテリアのような店で、からんだり悪さをする。
女性用のジャグジー部屋に入りこむ。

それでも無視を続けられると、悪ささえできなくなる。
盲目の老人に、そうとは知らずに話しかけられ、会話のできるうれしさを知る。
町をさまよいながら、「Talk to me」と話しかける。

同じようにマークをつけた女性と出会う。
同じ境遇同士、話さないかと誘うが、彼女は恐れて逃げる。
「Talk to me!」

刑期が満了して、やっとマークをはずしてもらえる。
彼は仕事に戻り、人が変わって円満に付き合う人間になる。

ある日、いつか会った無視刑の女性と出会う。
彼女は懸命に「Talk to me!」と食い下がる。

はじめは無視していた男だったが、ついに法を犯して彼女を抱きしめる。
「You are not ivisible.」

彼は、「過度に矯正された」としてまた処刑されたことを、テロップが伝える…。

 -------------------

交流分析の「ストローク」を説明するとき、
「人はストロークなしには生きていけない、と言われています」
で済ませてしまう人が珍しくありません。

しかし、そんなとき引き合いに出すには持ってこいのドラマ。
現に、そんな使い方をよくされるらしい。

着想もおもしろいが、無視されるなかでの、男の心の状態の変化も興味深く描かれています。
「ライフポジション」の説明にも使えそうです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-08-04 16:23 | 見て聞いて考えた