ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

安全な場

マネジャーの究極の役割は、安全な場を作ることではないかと思います。

もちろん、会社から預かった資源、特に人を使って結果を出すことが一義的な目的ではありますが、そのために何が必要かと言えば、部下が気持ちよく働き、能力を発揮してくれることです。

マネジャーが思うままに、部下を単なる物言わぬ手駒として動かすやり方もあるでしょう。
しかし、それではマネジャーに、強力かつ正確な、見通す力と率いるリーダーシップが必要です。

今日の、グローバル化、スピード化、情報化のなかで、そんなことは現実的ではありません。
もしそんなことのできる人がいたとしても、そして、その人が燃え尽きずに役割を果たせたとしても、後に続く人は生まれないでしょう。

現場のひとりひとりに力を発揮させることのほうが、長い目で見たとき、役に立つはずと思います。
その裏付けとなるのが、安心感です。

ここにいていいのだと思えば、人は物も言うようになるでしょう。
やってみよう、と考えるようになるでしょう。

そんな組織が生まれた時、そのポテンシャルは、膨大になります。
その上で、内発的なエネルギーをうまくコントロールすることが、マネジメントの要諦になるのだと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-12-22 14:44 | 見て聞いて考えた