ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

仕事のやりがいとは

何人かで、「仕事のやりがい」とは何なのか、話す機会がありました。

こういう明確な答のない問いを考える機会はあまりありません。
それを顔を突き合わせて、ああでもない、こうでもないと話し合うのは、かなり頭の体操です。

話し合っているうちに、私はこう考えつきました。


【仕事のやりがいとは、「成長感」である。】

人は行動します。
行動して、感触を得ずにはいられない動物です。

その行動の多くは仕事です。
仕事からは、結果が生まれます。
それは、感触として自分に返ってきます。

その感触が、自分の価値観にとってプラスと感じられれば、それが成長ということです。
その経験をとりこむことで、思考・感情・行動のパターンがふえます。
自分は成長し、それと同時に価値観も成長します。

その営みは、自分が求める限り未来永劫繰り返されます。
成長は、完成のないオンゴーイングなプロセスです。
仕事をし続ける過程にこそ、やりがいは得られるのです。


では、どんなことが価値観にとってプラスに感じられるのか。
人によって価値観は多様ですから、どんなことをすれば「やりがい」を感じるのか、個々にはいろいろです。

しかし、大きくくくれば、それは「生きるために役立つ」ことでしょう。
一個の生物として、たとえばうまく獲物を捕る、元気ですごす、などにつながること。

その中には、「群れの一員として貢献する」こと、も含まれるはずです。
協力すればマンモスも倒せ、そのおかげで群れは栄えるでしょうから。
それも究極的には「生きるために役立つ」ことです。

現代の日常においては、学び、人の役に立つということが、やりがいを得る切り口ということになるでしょう。

ところで、自分の恩恵を受けた人を作ることは、自分の足跡を残すことでもあるわけです。
それはさらに、自分が、生物としての寿命を超えた長い命を持つことにもつながるのです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2010-02-19 10:57 | 見て聞いて考えた