ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ファシリテーション入門セミナー(公開セミナー)

ファシリテーション入門 (第1回)

 ■ 日時 2008年3月4日(火)  10:00~16:30 (開場 9:30)

 ■ 会場 レモンビジネスアカデミー LBA研修室
         東京都新宿区四谷2-12-5  第6富澤ビル2F
         TEL: 03-6856-2127 (9:00-17:30)

 ■ 参加費用 31,500円(税込)  (事前振込とさせていただいております)

 ■ お申込特典  小冊子「ファシリテーションの基本」プレゼント(申込先着20名様)

 ■ 講師 彦田 美香子
       株式会社グローバル・シフト・コミュニケーション コミュニケーションプロデューサー
       彦田 智治
       株式会社グローバル・シフト・コミュニケーション 代表取締役社長

 ■ スケジュール(予定)
      ・オリエンテーション、アイスブレイク
      ・ファシリテーション解説  (概要、プロセス、役割、スキル、姿勢)
      ・会議演習1(ファシリテーションツール)
      ・会議演習2(ファシリテーションプロセス)
      ・振り返り(気付きのフィードバック、質問)
      ・会議演習3(行動計画策定、発表) ファシリテーターの役割を交代・体験
      ・振り返り・まとめ

 ■ ポイント 1.ファシリテーションの基礎(プロセス、スキル)がわかります。
          2.ファシリテーションツールを修得できます。
          3.スキルに加えて、ファシリテーターの立ち位置、姿勢が学べます。
          4.会議演習により、現場ですぐに使えるスキルが身に付きます。

 ■ 定員   20名様  (最少催行人数 6名) 
         定員となり次第、締め切らせていただきます!!

 ■ お申込  お一人から参加できます。部門単位の参加もお受けします。
         http://www.with-lemon.com/lba
          
 ■ 主催 株式会社グローバル・シフト・コミュニケーション レモンビジネスアカデミー
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-26 12:44 | 仕事の記録

KYって、どうよ

空気が読めないヤツのことを、「KY」というのだそうです。
「場」の感覚を大事にしたい、私としては、なかなか興味深い言葉です。


空気を読めないパターンに、ふたつありそうですね。

空気に合わせず、自分の思う価値を押し通す人。
これは、交流分析で言う「自我状態」CPの高い人でしょうね。

空気に合わせず、わがまま勝手にふるまう人。
これは、「自我状態」FCの高い人でしょうね。

反対に、場の空気に合わせて自分の行動を選択できる人は、「自我状態」Aの高い人でしょうね。


ところで、空気というものは、何がなんでも読んで合わせるべきものかとなると、これは別の話だと思います。

今、自分に自信のない人が増えています。
たとえば、ランチを一緒に食べるグループに必死に入ろうとする人とか…。

そういう人は、「KY」と言って仲間はずれにされることを恐れ、合わせよう、合わせようとしそうです。
そういう人は、「自我状態」ACの高い人でしょうね。
そうなってくると、メンタルヘルス的には、かなり問題がありそうです。


軽い感覚で「KY」なんて言ってるぶんには、たいした害もないかもしれませんが、そういうレッテルを貼ってすますような風潮、私は嫌いです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-23 16:51 | 日々の交流分析

内定者研修で構成的エンカウンター

先日、自社の内定者研修で構成的エンカウンター(SGE)をやりました。
同期のまとまり(チームビルディング)を作り、同時に、この時期の個々の不安感を軽減するのがねらいです。

約3時間で構成してみました。


  リチュアル(オリエンテーション)

  How do you feel now? …気持ちに焦点

  自由歩行 …体を温める

  グループ作り …自己開示、仲間との共通点を見つける

  ヒーローインタヴュー …自己受容、他者理解

  二者択一 …価値観の多様性と他者理解

  自分を知ろう(エゴグラム) …自己理解、他者理解

  他人を知ろう(エゴグラム) …他者理解

  私は私が好きです。なぜならば~だからです。 …自己受容、他者理解

  言葉の贈り物 …感受性促進、自己受容

  リチュアル


エンカウンターそのもののファシリテートは初めての体験でしたが、想定した感じにはできました。
さまざまなねらいのエクササイズを組み合わせてることで、それなりの形が作れることが、「構成的」であることの利点です。

今回の参加者についての効果は今後のことですが、内定者研修に「構成的エンカウンター」は有効だと思いました。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-18 17:08 | 仕事の記録

マスクと表情

ついに花粉症かも。
鼻がムズムズします。
で、外に出るときはマスクをしています。

マスクをして、いつもの喫茶店に行き、いつもの店員さんからコーヒーを買いました。
ふと、私であることがわかっているかな?と思いました。
いつも形式的に愛想がいいので、こちらからはうかがい知れません。

顔半分を隠しているとき、人はどの程度見分けられるものでしょうか。
きのう、待ち合わせをして、3年ぶりぐらいで再会した方は、わかったようでしたが。
ただ、この場合は場所が決まっていたし、全身像を見ていますからね。

そういえば、盗難事件にからんで、銀行の防犯ビデオの映像を見たことがあります。
その映像から「どんな人物か」をイメージすることはできないと感じました。
ただし、あらかじめよく知ってる人物なら、彼だと見分けられそうでした。

体感的には、顔の下半分の情報はけっこう多いように思いますが、
全身が見られれば、何とないない感じで見分けられそうです。
試しにしばらくの間、顔の上半分で表情を伝えたりして、あれこれさぐってみましょう。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-16 10:37 | 見て聞いて考えた

氷山思考33・・・占いに来る人

まず上がとがった二等辺三角形を描いてください。その、上から1/4ぐらいのところに、底辺と平行に(つまり横に)波線を描いてください。三角形が水面上と水面下に区切られたことになりますね。


某有名女性占い師のテレビ番組を見ました。
繁華街の街角で、何年も愛されている人です。

占いに来る人は、ほとんどが相談事を抱えているわけです。
そして女性の相談事は、水面上に見えているのは仕事やら何やらの話なのですが、多くの場合、その下には恋愛のことが隠されているのだそうです。

そういえば、キャリアカウンセリングでも、表面上は仕事の話ですが、下にはメンタルな問題が隠れていたりします。

その言葉に出てきていないものに気づかせて、行動につなげてあげるわけです。
占いも、一種のカウンセリングだと考えれば、何の不思議もないですね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-14 07:26 | 氷山思考

レモンのつぶやき 2008.1~2008.6

つぶやき 2008.1~2008.6

私の会社では社内データベースの社員紹介ページがブログ風に使われています。
毎月更新している自分の記事を記録としてここに転載します。

  ****************************

2008.2

●最近思うこと
今月は、自分で講師をする機会が5回もあり、てんてこまいです。

花粉か、鼻のムズムズも始まったので、無理をしないように、体力維持に努めています。

●今月のお薦め図書
「あなたの『最高』を引き出す方法」 アンソニー・ロビンズ

●今月の名言
私の世代の最大の発見は、
  人間は心の持ち方を変えることによって、
    人生をも変える事が出来るということだ。
                         ウィリアム・ジェームズ


2008.1

●最近思うこと
ふりかえると、昨年の学びのテーマは「キャリア」でした。

まずLBAにおいでになった何人かの方から、背景はそれぞれながら「キャリア」という言葉をお聞きしました。それをきっかけに、次第に自分も興味を持つようになりました。
小杉俊哉先生(慶應義塾大学教授、キャリア・ユニバーシティ・プラットフォーム社長)とお目にかかることができました。その方面では有名な方です。
とうとう春からキャリア・カウンセラー(CDA)の資格取得のための勉強を始めました。
1次、2次と、受験は12月までかかりました(実は2次試験は落ちたので、さらに春までかかることになりました)。

こうした過程をとおして、またたくさんの方と知り合うこともできました。


●今月のお薦め図書
「朗読 声の贈りもの」 松丸春生

※昨年の読破は123冊でした。
資格のテキストを繰り返し読むということもした上での、この量ですから、まあ自分なりに納得できると思っています。


●今月の名言
今後、人口は減るが、会社はなかなかつぶれないので、過当競争の時代になる。
その時、経営のキーワードは「差別化」だ。  未来工業 相談役 山田昭男氏(前社長)

ユニークな会社を作られたユニークな社長です。
差別化のためには、常識にとらわれない制度を作られます。
・報連相禁止
・定年70歳
・残業禁止
・産休3年
・年間休日140日
・執務時間8:30-16:45(あえて17:00でない)
・作業服なし   などなど。
徹底した「差別化」で話題を作ります。新聞ダネになると社員が誇りを持ち、元気になるという考え方だそうです。すごいです。

※上の講演を含め、昨年参加したセミナー、講演等は21回でした(定期的に参加している勉強会や、資格講座のスクーリング1ヶ月は除きます)。例年と、あまり変わりません。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-12 07:34 | 他に書いた記事

舞台に上がっちゃいました

きのう(10日)風の丘ホールプロデュースの『欲張りコンサート』がありました。
単なる名曲アラカルトではなく、超駆け足で「カルメン」や「こうもり」をやってしまう企画もありました。

もうひとつの目玉が、舞台に上がれるという企画。
抽選で、「愛の妙薬」の村人、「カルメン」の兵隊、「こうもり」のパーティ客になれます。

で、私は村人その1に。
さりげなく舞台に立ってるのは、けっこう難しいものです。
黙って突っ立っているのは所在ないし、変な芝居をすると浮くし。

人前に出るのは嫌いではないし、めったにない経験に血も少々騒ぎました。
でも、ドゥルカマーラの偽薬の言い立て歌が、長い長い。

 =====================

★ニューイヤーオペラコンサートvol.2
                 千葉県文化会館小ホールオペラ@「欲張りオペラ」

    出演者:永吉伴子(s)砂田恵美(s)西けい子(Ms)
          中鉢聡(T) 小山陽二郎(T) 森口賢二(Br) 江原実(Br)
               &ジュニアコーラスフェアリーズ(子供たち)
     ピアニスト:瀧田亮子
     演出・字幕・進行:中津邦仁

   2008年2月10日(日) 特別ファミリー公演 13時開演 
                  一般公演       16時開演

風の丘プロデュース 欲張りオペラコンサート
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-11 10:18 | 歌舞伎,オペラ

風の丘プロデュース 欲張りオペラコンサート

★ニューイヤーオペラコンサートvol.2
                 千葉県文化会館小ホールオペラ@「欲張りオペラ」

    出演者:永吉伴子(s)砂田恵美(s)西けい子(Ms)
          中鉢聡(T) 小山陽二郎(T) 森口賢二(Br) 江原実(Br)
               &ジュニアコーラスフェアリーズ(子供たち)
     ピアニスト:瀧田亮子
     演出・字幕・進行:中津邦仁

   2008年2月10日(日) 特別ファミリー公演 13時開演 
                  一般公演       16時開演

   会場: 千葉県文化会館小ホール
   チケット: ファミリー公演 親子券4,000円 子ども券1,000円 大人券3,500円
                                       (全席自由)
          一般公演  5,000円 (全席指定・ワインつき)
 
   主 催 :(財)千葉県文化振興財団 共催:はなみがわ風の丘HALL
   制 作 :小空間オペラTRIADE (inはなみがわ風の丘HALL)

   問合せ・申込:風の丘HALL 
             以下メール・お電話
               他プレイガイド
               (財)千葉県文化振興財団
               千葉県文化会館
               東京文化会館チケットガイド

 -----------------------------

今年も、ホームグラウンドの風の丘ホールを飛び出した、ニューイヤーコンサートがあります。
今回はもりだくさんのオペラを楽しんでしまおうという企画。

有名オペラ、オペレッタのエッセンスを色々。
舞台に上がって登場人物になってみることもできます。

子供さんと楽しめるファミリー公演もあり。
保育園に通うお子さんを持っているオーナーのこだわりです。
小さいうちに、本当の音楽にふれる絶好の機会です。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-10 10:10 | 歌舞伎,オペラ

場づくり勉強会・心理面のフレーム ふりかえり

■場づくり勉強会(第1期)

【第3回】 場におこる心の動きとその管理~メンバーの多様性を受け入れる
 【日時】 2008年2月6日(火)19時~21時
 【場所】 LBA研修室

-----------------------------------------------------

今回は、TA(交流分析)の概念を「フレーム」として使うことを試みてみました。

ファシリテーターが一定のフレームを持っていれば、話し合いを生産的なものにしやすくなります。
フレームを当てて見ることで、全体像を見極め、要素間の関係をわかりやすく整理することができるわけです。

人間関係でのやりとりに起こることは、自分自身にも何かの感情がわきますから、何が起きているのかなかなか見極めにくいものです。
そんなとき、TAの概念を知っていれば、状況を整理でき、冷静に手当ができます。


 1 場の中にあって、メンバーが今どんな感情でいるかを知る

   ⇒その人の今の「自我状態」を、外見や発言から見つける

 2 高い視点から、話し合いの各段階を促進する

   ⇒ファシリテーターからの働きかけ(ストローク)によって、望ましい方向に伸ばす


まず架空の会社の、旅行先を決めるという場を設定し、参加者の方にファシリテーターとメンバーになっていただき、話し合いを実際にやってみました。
また、すべてを客観的に見ている神様にも作りました。

そして、その場に何が起きていたのか、自分の感情にピントをあてて、ふりかえってみました。
短い時間の話し合いでしたが、不安、いらいら、わくわく、不満、いろいろな気持ちがわいていることに気づいていただきました。

この後、ミニレクチャーをし、さらにそれをふまえて、自分に引き寄せて応用を考えていただきました。
(こうした進め方を、「ラボラトリー体験学習」スタイルといいます。これもひとつの「フレーム」といえますね)


人間関係は相互性であり、ちょっとしたやりとりの食い違いで、さまざまな感情が起こりえます。
ボタンの掛け違いで冷たいものになりやすい半面、ちょっとした温かい気配りの言葉や行動で、居心地のいい場、生産性の高い場にもなります。

TAはカウンセリングから生まれた理論ですが、理論自体がわかりやすいので、そうした場づくりのフレームとしても使えると、今回あらためて感じました。

 

場づくり勉強会 心理面のフレーム
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-08 09:10 | 仕事の記録

エニアグラムをやってみた

あまりタイプ論は好きじゃありません。特に血液型の話は信じる気になりません。
タイプ分けも、物を見るフレームには違いないので、意味はあると思います。
レッテルを貼っておしまい、は嫌なのです。

要は、どう使うかです。
エニアグラムをチーム編成に応用するなどは、優れた使い方だと思います。
自分のタイプをふまえて、その特性を活かすように行動するなどもいいですよね。

というわけで、自分のを初めて調べてみました。

 ========================

■タイプ5-知識を得て観察する人

常に物事の本質を見抜き、知識や情報を集めて自分の知的世界を構築します。分析力や洞察力に優れ、独創的な仕事を好みます。何事にも客観的な傍観者でいたいと思い、事態に巻き込まれることを恐れます。周囲には「静かで知的な人」という印象を与えます。 沈着冷静な観察者で、自ら進んで話すことは少なく、無駄話には全く興味がありません。すべての状況を把握し、熟慮した結果でなければ、自分の意見は言えないと思っています。知的能力に自分自身の存在価値をおいているので、愚か者と見られることを心よしとしません。 一人でいることを好み、自分の時間が邪魔されるのを嫌い、大勢の人と一緒にいるとストレスを感じます。感情を表現するのは苦手で、人との交流を好まず、人間関係は最小限に止めたいと思っています。その結果、わずらわしいことがおこると、逃避する傾向があります。

■モットー:知識は力である。

■基本的な考え:物事の本質を知ることがいちばん大事だ。

■プラス面:情報を集め、豊富な知識を持つ。分析力、洞察力がある。
         危機になっても冷静に状況を観察する。
         自分が納得するまでよく考える。
         感情に流されない客観性がある。

■マイナス面:プライバシーを守り、対人関係を重要と考えない。
         傍観者になる。
         知識を誇り、人を見下すような態度をとる。

□理想の状態:知識や物への執着を捨てる。
         自然に人とギブ・アンド・テイクができるようになる。

□避けたい状態:喧騒のなかに身を置く。
         感情的なことに巻き込まれる。 空虚感に陥る。

□安定時:考えたことがすぐ行動に移せる。
         人と打ち解けて率直に思ったことが言える。

□ストレス時:落ち着きがなく、あれもこれも手をだすが集中できない。
         人と接しても気持ちが離れている。

□衝突のパターン:つきあいが悪い。
         感情を抜きにして理論的に仕事を進めたがるので、
         相手は心が通じないこと に不満や苛立ちを感じる。

 =================================

■エニアグラムの九つのタイプの特徴

 タイプ1: 完全でありたい人  5
 タイプ2: 人の助けになりたい人  3
 タイプ3: 成功を追い求める人  5
 タイプ4: 特別な存在であろうとする人  1
★タイプ5: 知識を得て観察する人  9
 タイプ6: 安全を求め慎重に行動する人  4
 タイプ7: 楽しさを求め計画する人  6
 タイプ8: 強さを求め自己主張する人  1
 タイプ9: 調和と平和を願う人  0
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-02-06 08:18 | 見て聞いて考えた