ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

むかーし、あったんだどー49 編み直しのセーター

昔、セーターは、それなりに高いものでした。
お店で買ってきたセーターを着ている人は、さほど多くはなかったと思います。
家庭で手編みしたり、機械編みしたりしていました。
ですから、婦人雑誌には編み方の記事が必ず載っていたものです。

痛んだり、小さくなったりしたものは、毛糸をほどいて、別のものを足して編み直します。
編み直しのセーターは、色々な毛糸が混じって、ちょっとおもしろい味わいになったりもしますが、まあ一見してわかります。
でも、それが当たり前でした。

私の母は、機械編みの内職をしていたので、よく毛糸持参で頼みに来る人がいました。
機械にひっかからないように毛糸をほぐす手伝いを、よくやらされました。

編み直しの毛糸は、癖がついているので、ヤカンの蒸気をくぐらして伸ばさなければなりません。
また、どうしても弱くなっているので、商売でやっている者には、手がかかって、歓迎されない代物でしたね。

機械編みと言っても、ほうっておいてできてくるわけではありません。
右、左と、目数をかぞえながら、何度も何度も、レールに沿って手で機械を走らせるのです。
肩を腫らしながら、機械に向かって夜鍋をする母の背中が、私の子ども時代の原風景です。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-25 08:10 | むかーし、あったんだどー

セミナー"明日から使えるコーチング"

明日から使えるコーチング

オフタイムセミナー(公開セミナー) <4回シリーズ 単発参加歓迎>
主催:LBA

普通のビジネスパーソンが明日から使えるように、コーチングを学ぶセミナーです。
「コーチングは研修で教わったけれど、なかなか使えない…」。そんな声にもお応えしました。
各回1テーマずつ、基本を厳選して身につけていきます。
また、スキルにかたよらず、関わる側の「あり方」を重視します。

春は、新しい人間関係を築いていく季節ですね。
このセミナーは、コミュニケーションのトレーニングジム。
初めて学ぶ方も、コミュニケーションに関心のある方も、
参加型で楽しくコーチングを身につけ、日常の関係作りに活かしてください。

終了後、懇親会もあります(有志)。
--------------------------------------------------------------------------------

第1回 職場の信頼関係を築くツボ
いい関係を築くコミュニケーションってどんなもの?
新しく出会う人たちと、どうやって信頼関係を築くか、
関わる側の「あり方」が問われます。

第2回 相手の思いを聴くツボ
コミュニケーションは、まずはしっかり聴くことから。
でも、実はこれほど難しいこともありません。
色々な壁を乗り越える必要があるのです。

第3回 相手のモチベーションを引き出すツボ
やりたいことがあっても、つい一日延ばしにすること ありませんか?
でも、誰かの一言で、やる気が出る。
言葉って、そんなすごい力を持っています。

第4回 相手の行動につなげるツボ
コーチングは部下を「操作する」ためのスキルではありません。
ともに同じ絵を ながめる姿勢「あり方」から、相手の無限の可能性が引き出されるのです。

--------------------------------------------------------------------------------

講師 野島美子 レモンビジネスアカデミー提携講師
           国際コーチ連盟(ICF)プロフェッショナル認定コーチ

日時 第1回 4月25日(金)  
    第2回 5月15日(木) 
    第3回 6月12日(木) 
    第4回 7月10日(木)
    各回  19:00~21:00

料金 1回/3,000円 当日会場にて

会場 LBA研修室
    メトロ四谷三丁目5分 JR四ッ谷7分

    ※第1回(4月25日)のみ他会場です。
    TKP四谷第一会議室
    東京都新宿区四谷1-8-6ホリナカビル3F 
    JR四ッ谷1分 「ひがしん」さんの手前のビル
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-25 08:06 | 仕事の記録

幸せへのチェックリスト

あなたは、今幸せでしょうか?

あなたは、自分の失敗をまわりのせいにすることがありますか?

あなたは、同じ失敗をしてしまうことはありませんか?

あなたは、人の不幸をみると安心していますか?

あなたは、人の成功をうらやましいということがありますか?

あなたは、成功への近道はあると思っていますか?

あなたは、時間に追われていませんか?

あなたは、同じ人と遊ぶことが多いですか?

あなたは、出会いが多いほうですか?

「I love you」と「I need you」。あなたが言われて嬉しいのはどちらですか?

あなたは、あつかましい人とひかえめな人、どちらが好きですか?

あなたの考える理想の幸せとは何だと思いますか?


               「幸せに気づく"3daysレッスン"」梅谷忠洋著より
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-17 08:11 | 読んだ本

親の養育スタイルと適応タイプ

子供は乳幼児期に家族のなかで生き延びるために、また家族のメンバーの期待に応えるために、さまざまな生き方(=性格=反応のスタイル)を身につけます。


特徴的な親の養育スタイル
 ⇒ ヴァン・ジョインズ命名の、子の適応タイプ (DSM-Ⅲによるタイプ)

○あてにならない養育スタイル
  ⇒ 創造的無想家型タイプ (スキゾイド型適応タイプ)

○先取りする養育スタイル
  ⇒ 魅力的操作者型タイプ (反社会型適応タイプ)

○一貫性欠如の養育スタイル
  ⇒ 才気ある懐疑者型タイプ (パラノイド型適応タイプ)

○過度に支配的な養育スタイル
  ⇒ おどけた反抗者型タイプ (受動攻撃型適応タイプ)

○目的達成重視型の養育スタイル
  ⇒ 責任感ある仕事中毒者型タイプ (強迫観念型適応タイプ)

○人を喜ばすことを強調する養育スタイル
  ⇒ 熱狂的過剰反応者型タイプ (演技型適応タイプ)


完全な親はありえませんし、子育ての時に親が置かれている環境もありますから、子供は何らかの「ゆがみ」の影響を受けます。
そして、無意識のうちに、それを反映した性格形成がなされます。

これらの適応タイプは、プラスの面もマイナスの面も持ちます。
どのタイプだからいいとか、悪いといったことはありません。

タイプわけそのものに意味があるわけではありません。
セラピーとしては、その人のタイプがわかれば、陥りやすい穴がわかります。
また、どう働きかければ効果的なのかが見つかります。

ノンクリニカル面では、自分のタイプを理解することで、そのプラスの特性を活かす姿勢を持つことができるでしょう。

また、ストレス下ではマイナスの特性(特にドライバー行動)が現れてきます。
したがって、その特性の出現を、ストレスに気づき、うまく切り抜けるためのサインとして受け止めることも可能になりますね。


ちなみに私のタイプは、
「創造的無想家」と「責任感ある仕事中毒者」でした。


人格適応論ワークショップ
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-15 08:07 | 日々の交流分析

高齢化の街

今さらですが、函館を歩いてると、お年寄りの多いのに気づきますね。
80になる母が市電の中から外を見て、「ホントに年寄りばっかりだねェ」と言うぐらいですから。

母が料金半額パスを見せてくれました。
私は「なんだ、80でもタダじゃないのか」と言いながら、まわりを見回して納得。

乗ってる人はあらかた60過ぎ。
タダにしたら、乗客が一人も払わないことが珍しくなさそうです。


函館の街は道幅が広く、中心部にグリーンベルトも広くとってあります。
かつての大火の教訓です。

ただ、近頃、表通りの店舗が軒並み閉めてしまった所がかなりあります。
そうなると、道幅が広いだけに、閑散とした感じが増すようです。

街を離れてしまった自分にも、責任の一端があるように感じられてきます。


しかし、物は考えようです。

函館は住みよいのです。
暑くも寒くもなく、海産物を中心に新鮮な食べ物も豊富、人に人情味も。

昔から、北海道内を転勤してあるく教員が、引退後に住む街は函館でした。
子供と同居するために都会に出た人が、あまりの暑さに、函館に戻ってきてしまったなんて話もよくあります。

お年寄りが多いのは、住みよさの証と言って間違いないと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-13 12:14 | 見て聞いて考えた

人に教えたことは、身につく

聞いたことは、忘れる。
見たことは、思い出せる(覚える)。
やったことは、わかる(理解できる)。

 (ここまでは老子の言葉だそうですが、イギリスのことわざともいいます)

見つけた(発見した)ことは、できる(使える)。

人に教えたことは、身につく。

 (と、後の人がつけ加えたそうです)

けっこう一人歩きしている言葉のひとつですね。
検索すると、少しずつ違う形で出てきます。

                  *

今年の新人研修(2日間)は、徹底して自分でやってみてもらうようにしました。
で、「やってみて、どうだった?」。

一日の終わりは、「では自分の収穫3点を、要するにこんなことだと、隣の人に教えてあげてください」。

全体として、私なりには納得のいく出来でした。


新人諸君は、アルバイトや耳学問で、それなりに知識は持っているのだと思います。
ただ、基本的なところで自己肯定感が弱いためか、自分の持っているものを武器にできると思ってないようです。

もちろん、知らないこともたくさんあり、否応なしに従わなければならないこともありますが。

私としては、新人研修のスタンスが、
「君たちは何も知らない。あれもこれも教えてやるから、覚えなさい」
ではいけないと思っています。

すでに持っているリソースにきちんと気づかせたうえで、知らないことはどう手に入れていけばいいのか教え、どう対処していけばいいかを自ら考えられるようにすることが大事だと思っています。

さあ、今回の結果がどういうことになりますか。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-11 08:04 | 見て聞いて考えた

市電の街

このところ、父の容態の関係で、たびたび函館に帰ります。
年度末のどさくさに加えて、そんなこともあり、更新が滞っています。
ご容赦ください。

 ==================

函館は路面電車の町です。
5分間隔で走っているので、たいへん便利です。
市電が走っている姿を見ると、郷里に帰ってきた気になります。

ひところは、邪魔にされました。
交通局の財政赤字を背景に、一部の路線は撤去されました。
台数も減らされたことがありました。
当然、時間によっては、待ってもなかなか来ないという事態を招きました。
市電ばなれを進める結果になりました。

色々あった末に、市バスがなくなりました。
そして、市電の走る台数がふえました。 
市の人口の高齢化とともに、テンポの合った交通手段として見直されたようです。
それにしても、常時5分間隔で運転するというのは、どなたが出したか、すばらしいアイデアです。
スピードは速くはありませんが、所要時間の計算ができます。
これでこそ、交通インフラというものです。

市電に乗っていると、小学生の頃、市のほとんど端から端まで、市電で市立病院に通っていた頃を思い出します。帰りは乗り換えキップを活用して、わざわざ別路線を回ったりしたものです。
電車の中はこんなに狭いものだったかなあ、という感慨もわきます。
これで昔は車掌さんもいたんですから…。

今回は、運転士さんがけっこう若いのに気づきました。
女性の運転士さんもいました。
市電を仕事にしようという人がいる、うれしいことです。
観光資源としても、市民の大事な足としても、市電にがんばっていてほしいと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-08 08:00 | 見て聞いて考えた

採用面接

この季節は、リクルートシーズンです。
あちこちで面接試験が行われていることでしょうね。

私の面接の思い出を少し。
最終面接で、恐そうな面接官が聞いてきました。

面  成績は何番?
私  (こんな質問は初めてで、すっかり面食らいました)
   あの・・・、順位は発表されていませんので、わかりません。

面  だいたいどのへん?
私  まあ、真ん中やや上ぐらいじゃないかと思います。

面  あんまり勉強しなかったのね?
私  普通にはしてきたつもりですが・・・。
   法科ですから、図書館にこもって司法試験の勉強をしてる者もいました
   が、私はサークルもやりたかったんです。
   おかげで色々な経験が、 (まで言ったところで)

面  落語がおもしろかったということね。
私  ・・・、まあ・・・、そうです。
   (で、ものの数分でおしまい)


これをお読みの皆さんが、もし受験者だったらどう感じますか?

成績を聞く。最後まで話させない。予見を持って接する。
物の本にはNGとされていることばかりですね。

私は、話をさえぎって断定的なことを言われたことで、とても嫌な気がしまし
た。

30年以上も前の話ですが、今だって、こんな調子の面接官は珍しくないんじゃ
ありませんか。

結局、日頃のコミュニケーションスタイルが顔を出してしまうのですね。


その後、私自身が面接官をやるようになったときは、とにかく相手に話させる
ことを心がけました。

学生さんはせっかく準備してきているのだし、落ちたとしても、ベストを尽く
した感触があれば納得できるでしょう。
何と言っても、将来、お客さんになる可能性もありますからね。

ただし、面接を通して、話そのものをちゃんと聴いていたかとなると少し違い
ます。話そのものというよりは、話す態度などを見ていた気がします。


さて、面接の大事な目的は、「採るべき人を採る」ことです。
その点で、冒頭でご紹介した面接官のやり方は、はなはだ問題ありです。

では、私のほうはどうだったか。

実は、たいした違いはなかったのかもしれない、と思っているのです。
相手が言おうとしていることを、しっかり汲み取れてはいなかったように思う
からです。

そう考えるようになったのは、近頃カウンセリングのトレーニングをしている
せいなのですが。


そして、忘れられがちですが、面接にはもうひとつ目的があります。

それは「採るべきでない人を採らない」ことです。
こちらのほうが大事な場合もあります。

ちなみに、この面接で、私は内定をいただきました。

だからというわけではありませんが、冒頭の面接官が、ひとつの経営判断とし
て、話の内容よりは自分の眼力と肌感覚でしっかり最終決定されていたのなら、
いちがいに否定はできないと思います。

コミュニケーションスキル的にはどうであれ、問題かどうかは、目的に照らし
て判断されるものですね。


                   …心に届け!コミュニケーョン NO.15より
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-05 07:23 | 他に書いた記事

目標達成の"わざ"

図書館ふたつを丸ごと読んでしまおうなんて、どんな速読法を身につけた人でも考えないでしょうね。

それをやってしまった人がいるのです。
しかも、ハーバードとマサチューセッツ工科大の図書館を、アフター5を使って、2年間でです。

矢矧(ヤハギ)晴一郎氏の若い頃のエピソードです。

もちろん、普通に読んでいったわけではありません。
しかしその方法をお聞きしたときは、「ははあ、そういう読み方もあるのか」と驚くとともに、強く納得もしました。

その方法とは…。




まず、棚の幅をメジャーではかる。
どれだけの棚の長さ分を読まなければいけないか、計算し計画を立てる。
そして読み方を決める。

まず棚の本をずらりと取り出す。
たくさんある「○○学」というジャンルひとつについて、「うん、こういうことか」とつかめたら、そのジャンルはおしまいにして次へ。


毎晩、このやり方を続けて、何日かあまったそうです。

要するに、「読む」ということには、目的に応じて色々方法があり、そうした読み方をすべきだというのが、矢矧先生の考え方です。


他のことについても、とても大きな目標を、柔軟かつ堅実な発想で、やりとげてこられた方です。
目標は常人の発想を超えているのですが、やってしまうからすごいのです。
それでいて、超能力があるわけではありませんから、なるほどやればできるのだと納得せざるを得ないのです。

近々、その目標達成の手法を一般公開されるそうです。
興味あると思いませんか?

 ====================

私の友人が講演会を開催します。

<開催要領>

■講演者
  株式会社矢矧経営研究所 代表取締役社長 
  矢矧晴一郎氏

■講演内容
  あなたの目標達成と夢がかなえられる『YS』法
  ・・・その最新改良と応用例、今後の展開

■日時:2008年6月28日(土)13:00~15:00 ※開場12:30

■会場:品川きゅりあん7階イヘ゛ントホールAB面 ※JR大井町駅より徒歩1分
  http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/

■会費
 5,000円(税込み)
 ※3名様以上でお申し込みの場合は、1名様無料にてご招待。

■詳細・お申し込み方法
 専門紹介サイトから。
[PR]
by 50TEMPEST | 2008-04-01 08:00 | 見て聞いて考えた