ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ディベートをめぐって

前に、ふと思い出してディベートについてちょっと書いた記事が、案外コメントをいただきました。

その一人、ディベートを中高生に指導されている先生は、ディベートが招いている「誤解」についてお悩みのようです。

先生によると、実際には、ディベートとは「ジャッジを説得する競技」なのだそうです。
なるほど!競技についてのこの定義は納得できます。

私を含めて、チーム同士が勝ち負けを争うという面ばかりに目が行きがちなのです。
私も教わったとき、「第三者を説得するもの」と言われた気はしますが、それよりも「ジャッジを説得する」というほうが、本質を言い得ているように思います。


先日アメリカでの企業生活が長い方から、おもしろい話を聞きました。
彼は、以前にいたインテル社で、こんなことをしたことがあるそうです。

 まず英語で、あるテーマについてディベートをした。
 「OK. I agree」でまとまった。

 次に日本語で、あえて同じことをディベートしてみた。
 皆、2週間気持ちをひきずった。

日本語の構成とか、日本人の感性とかに関わることだと思います。
簡単に言うと、コンテンツとプロセスが混然としているとでもいいますか。


ディベート競技を見た方はおわかりですが、競技での立論とか反駁とかで話す様子は、弁論といったものとはだいぶ感じが違います。

とにかく早口です。
時間内に、言う必要のあることを言いたてます。

社会人の、うまい人ほどそうです。
思いなどを抜きに、論理だけを抜き出すので、それでもいいのでょう。

ジャッジは、これをちゃんと聞きわけ、判定します。
経過を記録するフォーマットがあるのですが、私はとても書きとれませんてした。

ここで大事なことは、判定は、論理の積み上げができているか、その弱いところを突いているか、などを見ているということです。
エピソードや話し方で感動を与えるといったことは、必要ありません。、


さて、これらを考え合わせると、ディベートに対するいわゆる「誤解」というものは、ディベートの本質的な特性と、日本語構造ないし日本人の言葉の感性とが、不協和音を発していることから生まれているように思えますね。



ディベートが嫌い
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-31 11:34 | 見て聞いて考えた

自律するビジネス人の「時間管理と自己管理」セミナー

9月に、セミナーの機会をいただきました。
知人の主催するセミナーのゲスト講師です。

 ============================

第2回AMT特別講座 リーダーのためのマネジメントトレーニング

●自律するビジネス人の「時間管理と自己管理」

ゲスト講師に、交流分析をはじめとする心理学とキャリア理論に詳しい研修トレーナー五十嵐信博さんをお迎えします。
誰にでも平等に与えられた「当たり前」の資源 ―― 時間。
しかし、それをどう使い、活かすべきか、私たちは意外にわかっていないようです。
少し前まで、時間管理は有効活用の観点からだけ語られてきましたね。しかし今は、たくさんの人が燃え尽きてしまう時代です。自己管理の観点も加えて考える必要があると思います。
時間管理を考えるとは、実は生き方を考えること。充実した生き方への新しいフレームを提供します。
明日のために、時間管理についてふりかえってみてはいかがでしょう。

○時間とは何か
○人はなぜ燃え尽きるのか
○時間を効果的に使うためのタイムマネジメントフレーム
○よく生きるためのタイムマネジメントフレーム


 ファシリテーター:秋山幸子(産業カウンセラー、メンタルトレーナー)

 日 時:2009年9月19日(土)17:00~19:00
 場 所:オークウッドアパートメンツ新宿B1階 セミナールーム
      (160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-9)
 料 金:2万円
 主 催:オフィス秋山 
 
 ご予約: ★こちら から 
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-31 01:44 | 仕事の記録

意味づけこそが問題

目の前に物があります。Aとします。
物体そのものが何で、どうなっているかは、私たちにはあまり意味のないことです。

それが脳に受け止められて、情報としてのAこそが意味を持ちます。
情報としてのそれを、A1とします。
私たち自身に行動をうながすのは、A1です。

脳の中では、すでにある問題意識や価値観や必要性や知識や、何やかやが反映されます。
そうして色のついた情報、つまり意味づけのされたそれを、A2とします。

そうした作業が、無意識のうちに、すべての物事についておこなわれます。
Aも、Bも、Cも、Dも、……。

それらは脳の中で、ある意味を持ちながら、たがいに関連づけられていきます。
つまり、Aにある色を持たせたとしたら、その色でBも見るわけですから、頭の中のことは、どんどんその色になっていくわけです。

そう考えてくると、大事なのは、実はそのように色をつけている意味づけや、そのもとになっている考え方なのですね。


ある状況に出会って、期待していたものと違ったとします。
アンラッキーと思いますね。

でも、そこで「そうか、これでもいいのかも?」と思うと、別なアイデアがわいてくるものです。
その状況を受け入れて、それを活かす選択をする。

結果的に、そのほうがよかったなんてことだってありますね。
アンラッキーと決めつけてしまえば、頭はそこでストップですが。
それが、「Yes,and」の発想ですね。


人生レベルでも同じことが言えます。

枝別れが後から後から出てくる道を歩いていると想像してください。
ひとつの枝別れで曲がれなくて、次の枝別れで曲がったとして、その先が最終的にどうなるかなんて、誰にもわかりません。

自分はあっちに行きたいぞと思いながら、その選択肢の出現を楽しもうというのが、つまりキャリア論でいう「プランド・ハプンスタンス」なのでしょう。


さらに言えば、自分というものに対する意味づけのもとになっている考え方こそ、交流分析でいう「人生脚本」なのです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-28 19:14 | 見て聞いて考えた

メガネ21のシステム

TV東京「カンブリア宮殿」はよく見ます。

先日の、「メガネ21」のときは、驚きつつ、楽しんでみました。
なにしろ、2週連続で取り上げるのですから、村上龍もはまったのでしょう。


たとえば、
・社長は名目だけの交代制。社長も現場で働く人。

・管理職はなし。

・管理部門はなし。事務の女性たち数人だけ。

・採用は、1次面接は事務の女子社員がし、2次面接は店がする。

・給与、賞与額は完全公開。

・ノルマもなし。

・利益は賞与で配分。そのかわり儲からなければ減る。

・昇給は30歳で打ち止め。


などなど、社員が経営者マインドになる仕掛けを徹底しています。

既存の会社の仕組みでなくても、回っていく仕組みはあるのです。
そして、社員個々の能力を引き出せば高収益企業はできるのだ、とあらためて確認しました。


同社のHPには、学生や記者や先生がたからの質問に対して、答えを載せたものがあります。
これも、堂々と答えていて、ある意味でユニークです。

『日下公人先生の著書に「個を持って尊しとなす」が有り、
 個を活かして「和を持って尊しとなす」が
 正当であると教えています。』

『個性豊かな多くの社員を活かして会社を急成長させた
 故田中義男社長から実践で教えて頂いた私達は
 「個人を活かせば会社が成長する。」と体験しました。』

『よって、 「21の人事破壊」の大半は、個を活かす為の手法です。
 人は誰でも自分を活かしたいと考えています。
 しかし、
 組織の中に入りますと個人の価値観を埋没させるボツ個性が
 求められたりします。』

『私達は、社員が喜ぶ事を探すより、
 社員が嫌がる事を取り除き自由奔放に働ける環境を目指しました。
 自分の価値観を押し付け、他人の価値観を無視して
 「やる気」を削ぐタイプの老害対策です。』

『孔子の「六十にして耳順〈みみしたが〉う」の教えに従い
 「耳順会」と銘打って大先輩達と一緒に自己改革を進めました。
 後輩達の価値観を素直に聞き入れて
 後輩の個性を尊重すれば会社が成長すると信じて懸命に努力しました。』

『以前の会社では社長を活かすために
 経理課・電算室・商品部・総務課・社長室・企画課がありました。』

『21は、社長の業務・権限・リスクを全社員に移譲し
 社員の能力を引き出すために本部が存在しています。
 所謂、社員に対するサービス部なのです。
 しかも本部は個を活かした副業で稼ぎ頭ですから
 現場社員から感謝されています。』

『社長と同等の情報を全社員に開示すれば
 個性豊かな有能な社員が育つと信じています。』
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-27 11:12 | 見て聞いて考えた

キャリアカウンセリングとは 3

カウンセリングの環境は「安全基地」でなければなりません。

人間の成長には安全基地が不可欠です。
幼い頃、成長のための情報収集は、母の胸という安全基地から冒険に出て、危険に出会ってはそこに戻るという繰り返しで成し遂げられたのです。

成人になっても、それに似た環境を持つことによって、困難に立ち向かえます。

人は安定を求めます。
不満な環境であっても、ホメオスタシスが働きます。そこに安定を感じます。
ホメオスタシスを放棄して冒険に出るとき、安全基地が役立ちます。

カウンセラーの役割は共同注視です。
冒険して帰ってきた子供が母親に見てきたことを報告し、母親は子供を抱き上げ、同じ目の高さで同じ景色をともに眺めます。
そうした場を、擬似的に作るのだと思います。


昨今の社会状況は、私の育った頃と比べて大きく変わりました。
働く人は、先輩の背中を見ながら歩いていればよいというわけにはいきません。

企業の成長も、自分の成長も、過去の延長線にはありません。
私は、社会状況の変化を体験しつつ、それと軌を合わせるような、キャリアカウンセリングの誕生、勃興を見てきた気がします。


藤原和博氏が、テレビでこんなことを発言していました。
言い得て妙です。

現代は、霞のかかったところでゴルフをしているようなものだ。
先は誰にも見えない。

また、その先に何ホールあるのかもわからない。
ホールの位置が途中で変わってしまうこともあり得る。

迷っているより、早く一打を打ったほうがいい。
ホールアウトに何打も打つことになっても、何打も打ったことで、打つ加減が身につくのだ。


交流分析の哲学では、「人は自分の運命を選択することができる。またその選択は自分で変えることができる」と言います。
これは私が好きな考え方です。
今後もこの考え方に立って、キャリアカウンセリングにかかわっていきたいと思っています。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-25 09:16 | コーチング,カウンセリング

キャリアカウンセリングとは 2

クライエントの心的エネルギーという点では、キャリアカウンセリングは、メンタルカウンセリングとコーチングの範囲をカバーしています。
縦軸にプロットするとすれば、クライエントには、マイナスの人もあり(メンタル不全でない程度に)、プラスの人もあります。

テーマの領域という点では、当然「キャリア」という要素が加わります。
この場合のキャリアとは、「仕事の面から見た人生」と言えそうです。
したがって、キャリアという考えの背景には、人生とか生き方といった広大な問題が広がっています。

もともと、カウンセリングというものは、人生とか生き方の苦しさを相談するものだと思います。
そのひとつの面がメンタルであり、ひとつの面がキャリアです。

それぞれに、クライエントが抱えている問題の濃い部分については、手を出せません。
しかしたとえて言えば、水面下でつながっている大きな氷山の、いくつか見えている頭が、キャリアでありメンタルであるような気がします。

したがって、キャリアの土台にワークがあり、そのまた土台にライフがある。
キャリアを考えることは、ライフを考えることなのだと思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-24 09:02 | コーチング,カウンセリング

キャリアカウンセリングとは 1

「キャリアカウンセリングとは何か」、自分なりに考える機会がありました。
記録しておきます。


まず定義的に言えば、こう言えると思います。

クライエントが過去、今、将来と考えた時、その将来の人生を作るための、ふたつの面の支援。
ひとつは、過去の解釈を書き換えることへの支援。
もうひとつは将来へ一歩踏み出すことへの支援」。


ひとつめは、過去の解釈の書き換えの支援です。
人は過去について、経験を綴り合せて解釈を与えます。
事象を受け止める準拠枠、経験の物語的解釈などを作ります。それらで自己を規定します。

ちなみに、自己概念とは、過去から今にいたる間に形成されてきた、それらの準拠枠や自己イメージの結晶したものと言えると思います。

将来を考えるとき、人はしばしば過去からの延長線でイメージしてしまいます。
「過去と他人は変えられない」といいます。
しかし実は、過去の事実は変わらなくても、今、語りなおすことで過去の意味は変わります。
そうなれば、その延長線である「将来」というもののイメージも変わるわけです。


ふたつめは、一歩踏み出すことの支援です。言い換えれば行動を支えること。
結果というものは、必ずしも思う通りには出ませんが、少なくとも状況に働きかける行動がなければ、思う結果は出ません。
それはリスクをともない、勇気のいることですが、人は誰かが見てくれているだけで、まず一歩、歩き出せるものだと思います。

その際、カウンセラーに求められるのは、クライエントは人生を変えられるという信念だと思います。
話すというプロセスを通して、経験が整理され、自分の準拠枠に気づきます。
考えの整理も進みます。将来やりたいことが明確化され、自分の資源にも気づいて歩き出せるわけです。


私自身の経験では、8年前にある機会ですばらしい講師と出会いました。
そして、研修講師になれたらいいなと、モヤッと思いました。モヤッとです。

それから機会がいろいろ訪れて来て、興味にまかせて前向きに捕えるようにしてきました。
たとえば、インストラクションの研究会に参加を誘われるといったこと。
その結果、研修講師ですと言っている「今の自分」がいます。

その時々では、機会をとらえて行動してきただけですが、今ふりかえれば、チャンスがむこうから寄ってきたような気がします。
こうした話は、まさに今の視点から過去を再解釈した見方です。
また行動が結果につながったわけです。
そしてまた、これを「プランド・ハプンスタンス」というのだと、思えます。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-23 09:00 | コーチング,カウンセリング

人事考課をやめるとしたら その9

部門間異動


以前シリーズで書いた記事を読み直したら、異動からの切り口を書いていないことに気づいたので補足します。
なお、ここで言っている人事考課とは、人事の音頭取りで全社的に同じようなシートを使って行われる大仕事としての人事考課です。


異動で他の職場を経験することは勉強になります。それは私の経験からも間違いありません。
ですから、何回かは経験するべきものとしておくのがいいでしょう。

管理職になるまでに1回、なってから1回とか。
ただし、動かせばいいというものではありません。
やたら動かすのは反対です。

ひとつのチャンスととらえるような風土にしたいものです。
一方、負担もともなうものですから、希望しない者は動かさなくてもいいと思います。

動かし方は、定期異動方式で「セーノ!」と出し合うのが、対象者が開かれていいと思います。


さて人事考課との関係では、候補者の選定のための基礎情報、異動後の評価のしかたなどの問題がありますね。

前にカルテのようなものを使ってひんぱんな面談をすることを提案しました。
基礎情報については、この結果情報があれば、いわゆる人事考課歴はなくていいと思います。
むしろないほうがいいかも。

人事考課歴を参照して出てくる発想は、損得ないように同じレベルの社員同士を交換しようとか、ローパフォーマーのババを引かないようにしよう、とかです。
そこには、本人に伸びてもらおうなんて発想はないのです。

誰をどう動かすかは、部長クラス同士で選ばせてしまいましょう。
リストをヨーイドンで公開し早いもの順とか。

選んだのが自分たちであれば、育てざるをえないでしょう。
その上で、異動した社員が伸びたかどうかを、賞与配分の着眼点にしましょう。


異動の方法については、異動するならここという希望を全員が公開してしまってはどうでしょう。
それを前提に、部門間の談合もオーケーにします。
たいした問題は出ないのではないかと思いますが。

異動時は、埋めるべき予定ポストを、まずは対象者本人に選択させたっていいと思います。
要は、意味づけと後のケアをしっかりしていれば、「ねばならぬ」ということはないのです。


異動を現場があまり歓迎しないのは、慣れた人間が去り慣れない人間になる、業績が落ちる、まわりの負担がふえる、と考えるからです。

しかし、そんなことを言ってる管理者ほど、異動してきた社員を育てようとはしていません。
エイリアンとして見てしまっています。

仮に業績が落ちるなら、それを補う最善の対策としては、異動してきた社員に、他の社員以上に手をかけてやることのはずです。

従来の人事考課では、一般に異動直後の考課点を平均にするルールがありました。
成果的な考え方が入ってくると、それさえ否定されるようなことがあります。

どちらにも理屈はあるのですが、どちらも細かい話です。
いずれにしろ人事考課をやめれば、なくなってしまいます。

実は異動してきた社員のほうも、慣れない仕事になるので、心身ともに負担を抱えるのです。
もうかってない部署に来た場合には、収入も減るかもしれませんし。

それをカバーするのは、人間的なふれあいと、仕事のおもしろさのはずです。
考課点うんぬんよりも、早く仲間として受け入れ、戦力として育てる、内的なモチベーションの喚起策こそ必要なのです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-20 16:22 | 人事と給与

むかーし、あったんだどー 75 青函連絡船2

羊蹄丸、摩周丸、大雪丸、八甲田丸、十和田丸、津軽丸、松前丸。
私が乗ったころの客船です。

乗船すると、乗客はまず席の確保に向かいます。
青函連絡船には、イス席と、カーペット席がありました。

カーペット席は、四角く区画してカーペットが敷き詰めてある席です。
かつては、お茶のサービスがあったと聞きました。

年齢の高い人には、根強い人気があり、乗船するなり、スペースの確保に急ぐ姿がよく見られました。
座っても、寝ころんでもいいのです。
カーペット席の選択には、船酔いの記憶とも関連があるかもしれません。

昔の話を聞くと、連絡船はよく揺れたそうです。
船酔いの話はよく出てきます。
私の頃は船もよくなって、私は船酔いになったことはありませんが。

船の揺れには、寝ころんだほうが有利かもしれません。
揺れに対して、力を抜いて、船と同化するのがコツです。

函館・青森間は、世界的にも有数の難所なのだそうです。
日本海と太平洋を結ぶ海峡を、船は南北に横断するわけです。

さらに冬場は、大陸からの北西の季節風が吹きぬけます。
南北に最短距離を走れば、風と波をまともに横に食う形になります。

斜めに走って、その風をなるべくかわすようにするのが操船の腕の見せ所と、かつての船長さんが語っておられました。

さて、出港時刻。
見送り客のいる人は、送迎デッキに行きます。
蛍の光、銅鑼の音、紙テープ(最後の頃には禁止されましたが)・・・・・・。
ここにただよう哀愁は、船でなくては出ないものですね。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-13 10:30 | むかーし、あったんだどー

MJ氏の場合…交流分析的仮説

●MJ氏の生い立ち
MJ氏はミュージシャンです。
9人兄弟姉妹の7番目として、アメリカの黒人街に生まれました。
5歳で兄弟たちで作ったボーカルグループに加わり、達者な歌を披露し、人気を博しました。
その後、声変わりを経てソロとなり、、青年期には新しいダンスステップを披露、大人気を得て世界に名を知られた歌手になりました。

結婚は2度しました。最初は、超有名先輩歌手の娘ですぐ離婚。遺産目当てだったと噂されました。
2度目は皮膚科の主治医の看護師で、2人の子供ができまししたが、これも離婚しました。
その後代理母との間にも1人子供ができました。

世の人を驚かせたのは、彼が何度も変貌していくことでした。
肌は色白に、鼻は高く…。
誰もが整形手術だと思いましたが、彼自身は、整形は一度だけであとは皮膚病だと言いました。

大豪邸を建て、子供が遊べる遊園地のようにして、「ネバーランド」と名づけました。
いろいろなトラブルから訴訟が重なりました。
浪費に加えて、訴訟費用のために借財がかさみました。

50歳のある朝、心臓が止まっているのを発見されました。
新しいツアーの準備に入っているときでした。


●MJ氏の人生脚本

禁止令: 子供であるな 近づくな 成長するな お前であるな(性ではなく、人種?) 
ドライバー: 完全であれ 他人を喜ばせろ 一生懸命やれ 

貧乏なのに子沢山の、黒人労働者の家庭。
父親は兄弟に対して厳しく、暴力をふるうことも頻繁でした。自分自身のミュージシャンの夢を子供たちに託した部分もあったのです。
後に性的虐待発言が子供たちから出たりしています。

母親は何度も離婚しようとして果たせませんでした。
父親の暴力から子供を守ろうとしたでしょう。

こうした家庭の子供は、早く大人になって親の期待に応えよう、親を楽にさせてやろうと決心する可能性があります。
MJ氏は、小さい頃人前で歌うことは、本当は好きでなかったかも。
声変わりしたころ、内気になったと言われましたが、その性格ははじめから持っていたはずです。

また、家庭不和を見続けてきたので、夫婦の愛情を、根底のところでは信じられていなかったと思います。

育った時代は黒人にとって厳しい時代でしたから、兄弟たちが成功しかけていくことを、親のほうはまぶしく思うと同時に、奥底では、どうせ黒人はうまくはいかないのだといった、あきらめのような複雑な思いも持っていたでしょう。

人気者になったかわいいMJ氏。
しかし、子どもは日に日に成長し、小さな頃のかわいらしさは失われていきます。
いつまでもそのままいてほしいという気持ちもあっただろうと思います。

そうしたさまざまなことが、MJ氏の人生脚本に影響しました。

MJ氏は意外に寡作です。彼の作品もツアーも、完璧を追及したものでした。
軽いノリのものをたくさん出すのではなく、コストを度外視していいものを作ろうとしました。
成功するほどに、無意識な不安感が増したのでしょう。
よりよいものを作らなければと、気が抜けなかったのです。

「ピーターパンは僕が心の中に持っている特別な象徴なんだ。ピーターパンからイメージするのは若さ、子供時代、大人にならないこととか、マジックとか、空を飛ぶこととか、僕はそういったものにずっと魅力を感じ続けていて、そして何よりも大切なものだと感じ続けているんだ」と彼は語っています。

彼はピーターパンでありたかった。自由に遊びたかった。空を飛びたかった。
その思いの結晶が、遊園地や動物園まで併設した豪邸「ネバーランド」です。
子供であるべき時に子供でいられなかった歪みが、ここにあらわれています。

結局彼は、年をとりたくなかったのです。
原因が何であれ、何らかの形で整形を繰り返した最大の理由は、それだったろうと思います。
若い声を保つために、ホルモン剤を使ったという説もあります。
確かに、中年のときの話し声や話し方は、私には少々不気味でした。
素手の老け具合が異様にも思えました。
黒人であることを消したいという気持ちもあったとは思います。

子供であるなという無言のメッセージと、大人になるな(成長するな)という無言のメッセージ、相反するふたつの間で、複雑な人生脚本ができてしまったように、私には見えます。
成長=老化していく自分、黒い自分、など。自分のいろいろな面において、自分を受け入れることができなかったのですね。

【追記 2012.3】
彼は、父親が妹に性的行為をしかけるのを見てしまったのではないか、と思います。
そこで、大人というものがそんなものなら、自分はなるまいと思い定めたのです。

とはいえ、次第に成長していく自分。
しかも、否定している父親に似ていってしまう自分・・・。

白人風に変身を重ねていったのは、自分の成長と成熟を否定する行為だったのでしょう。



                  *****
参考:
12の禁止令
1.存在するな
2.男(女)であるな
3.子供であるな
4.成長するな
5.成功するな
6.何々するな
7.重要であるな
8.属するな
9.近づくな
10.健康であるな
11.考えるな
12.感じるな

5つのドライバー(駆りたてるもの)
1.完全であれ
2.強くあれ
3.一生懸命やれ
4.他人を喜ばせろ
5.急げ

※これは交流分析(TA)の応用を考えるためのフィクションストーリーです。
マイ〇ケル・ジャクソン氏を評価分析するものではありません。
[PR]
by 50TEMPEST | 2009-07-05 13:31 | 日々の交流分析