ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「ほまれ」の意味

澤 穂希選手の”ほまれ”という名前は、生まれた年が米の不作の年だったので、「たくさん稲穂が実りますように」という願いをこめてつけられたのだそうです。

そういえば、お米の品種には「ほまれ」はよく使われます。
あきたほまれ、むつほまれ、などなど。
ご両親には、なじみのある言葉だったのかもしれません。
(でも東京出身なので、農家だったのかしら?)

ただ、女の子の名前としては、普通ではありませんね。
ほまれとは、名誉です。
辞書には、誇りとするに足る事柄、また、よいという評判を得ること、とあります。

たくさんの稲が実る金色の風景をイメージしつつも、個として娘には、それと同じように輝く娘、よいと評判を得る娘になってほしいと思ったのではないでしょうか。

彼女は、メッセージにこたえて、まさにそんな娘になったと言えます。
それは、能力を高めようとする姿勢や、日本の女子サッカーを背負っていこうという態度に感じとれます。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-29 07:32 | 日々の交流分析

母親の教育

母親の影響は強いものです。

 ----------------------------

 子どもの生まれる20年前に、その子の母親の教育から始めよ

         ナポレオン
          「子どもの教育はいつから始めるべきか」と聞かれて

 ----------------------------

背景に、ナポレオン自身の、母親に対する信頼が感じられますね。
20年というのは、当時の出産開始年齢が、おおむねそのあたりだったのでしょう。


たとえば児童虐待のニュースを聞くにつけ、その親のまた母親を思ってしまいます。
私と同じか、もう少し上ぐらいなのでしょうか。

コミュニティとか、家族とかいう感覚が薄くなった時代に育ったのです。
女性も仕事を持つようになった時代でもあるでしょう。

何が影響したのか、など今から言ってみてもしかたがない。
直接的な因果関係でもないでしょうから。

母性の教育が必要なのではないか、と思います。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-28 07:24 | どこかで知った名言・至言

人を動かすものは

渡辺真理アナが、ある番組で「そんな言葉がある」と、ふれていました。

 ---------------------

人を動かすものには、

 正面の理、側面の情、背後の恐怖 がある

そして、最も強いものは(残念ながら)、背後の恐怖 だ

 ---------------------

今の法律家養成制度や裁判員制度を作った、中坊公平氏の言葉らしい。
オリジナルなのか、何かの出典があるのか、はわかりません。

背後の恐怖という言葉が、どんな意味で使われたのか。
弁護士としての経験豊富な中坊氏らしいとも言えますが。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-26 08:28 | どこかで知った名言・至言

人を動かすには

仕事柄、モチベーションには関心があります。
私としては、「モチベーション」というカタカナ言葉が好きではないのですが、さればと「動機づけ」などと言っても、ピンとこない。
何かいい言葉はないかな、と思うひとつです。

しかし、最近は、若い人やほんとうに普通の(失礼)人もよく使うようになったようです。
そんな場面に出会うと、私はけっこう「へえ」と関心しています。

モチベーションをテーマにした本を読んでも、この先生は体でわかっているのかしら、と思うことさえあるのです。
さて、先人はすばらしい言い方をしています。

 --------------------------

 人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。
  みずから動きたくなる気持ちを起こさせること――これが、秘訣だ。

 人を動かすには、相手の欲しているものを与えるのが、唯一の方法である。

              ・・・デール・カーネギー 「人を動かす」より

 ---------------------------

マネージャーなどが知っておくべき原則ですね。
もちろん、「ではどうやるか」が次の大きな問題です。

専門的な言いかたをするなら、相手の欲しているもの、つまり欲求に対してどう誘因を作るか、ということになるのですが。

まずは人間の欲求についての理解が必要で、さらに目の前の相手の欲求にもピントを合わせて見る努力が必要になります。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-25 09:28 | どこかで知った名言・至言

あおいくま いいね!

あ  あせるな

お  おこるな

い  いばるな

く  くさるな

ま  まけるな

 ----------------------------------

コロッケが、テレビ番組の中で、自分を支える信条として言っていました。

おばあちゃんに教わったそうです。

語呂合わせって、私はすぐ忘れてしまうのですが、これは「青い熊」のぬいぐるみを思い浮かべると、覚えていられそうです。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-21 09:38 | どこかで知った名言・至言

なでしこに

このチームならメダルがとれる、とあなたは言った。
メダル?無理だろう、正直、私は思った。

あなたは、ピッチを誰よりも一番広く走り回り、チームを鼓舞した。
ある時は、騎兵隊のように味方の危機に駆けつけ、ある時は、ミラクルゴールを挙げてみせた。
その姿はセクシーだった。

あれよあれよという間に、チームは劇的勝利を重ねた。そして決勝へ。
決勝とは、それまでの色々なことが形をなす、その意味で、結晶と言い換えてもいいかもしれない。

ここでも猛攻に耐え、この形しかなかったかもしれないという形で、チームはとうとう世界一に。

何ということだろう。こんなの、映画みたいだよ。
サッカーの神様まで、味方にしてしまったんだね。

澤 穂希さん。

あの時、世界は、まさにあなたのためにあった。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-19 15:00 | 見て聞いて考えた

むかーし、あったんだどー 108 蠅たたき

蠅とりつながりで、蠅たたきです。
これは、手に入れようとすれば、まだあるでしょうね。

太い針金を曲げて作られた柄の先に、四角い金網がついています。
その後は、全体がプラスチックになりました。

とまっている蠅を、この網上のところでたたくわけです。
つぶさずにたたくのは、少し技かもしれません。

子どものとき、お隣の留守番を頼まれました。
蠅たたきがあった(わが家にはなかった)ので、蠅をたたきまくって時間をすごしたことがあります。
たたいた奴は、そのままにして戻りましたから、後がたいへんだったろうなあ。

大きい蠅だと、飛んでいるやつでもたたけます。
手首のスナップが大事です。


震災で東北の港町が、保管されていた水産物などの腐敗のため、腐敗臭と蠅の発生で大変だと聞きました。
少し飛んで来るぐらいなら、蠅たたきも楽しいものですが、たくさんだと虚しさがわくことでしょう。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-18 13:37 | むかーし、あったんだどー

むかーし、あったんだどー 107 蠅取りリボン

昔は蠅が多かったものです。

なま物が外にあると、わっとたかる。
家の中まで、どんどん入ってきて飛び回る。

台所などに吊る蠅取りリボンというものがありました。
ベタベタする糊のようなものがついたリボンです。

筒の中から引き出すと、長く出てきます。
これを天井から吊る。

飛び回る蠅が、それについたら最後逃げられません。

人間だって、うっかり髪の毛でも触ったら大変です。
なかなかとれません。

蠅取りリボンは、魚屋さんに吊ってあったりもしました。
真っ黒に蠅がくっついていました。

リボンいっぱいになったら、そっとはずして捨てるのです。

今思えば、見た目、きれいごとではありませんね。
また、どこから飛んでくるか、果てしない蠅を、片端からくっつけたところで、きりのない話ではあります。

蠅取り紙とも言いました。

どぶなどがなくなり、ゴミの処理が衛生的になるにしたがって、蠅が減り、最近はすっかり見なくなりました。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-16 15:32 | むかーし、あったんだどー

何とかならんか その12  日本刀

テレビで、タレントさんが刀を扱うときの持ち方です。

左の腰に差している。または左の手に持っている。
このとき、鞘は反った山のほう、言いかえれば刃のほうが上でなければなりません。
それが、逆なのをよく見るのです。


もっとも、鎌倉時代あたりまでの、鎧姿だと話は別。
この場合は、腰には差さず、腰に吊る形になり、刃のほうが下になるように吊ります。、


こんなことは、本当は常識です。
しかし、チャンバラをしないで育つから、知らない人がふえるのでしょうか。

まあ、時代劇で立ち回りがあるもののレベルなら、殺陣師がつくから、変な姿が流れることはないでしょう。
しかし、例えば番組中に挿入される再現ドラマといったレベルでは、NHKでも怪しい。

先日など、某民放で、クイズで答がわかったら刀で斬る恰好をするという番組をやっていましたが、回答者のタレント(男女とも)の半分が逆に持っていましたね。

たとえタレントが知らなくても、ディレクターは知っていなければならない。
嘆かわしいことであります。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-09 14:27 | 見て聞いて考えた

最初のフォロワーが1人のバカをリーダーに変える

You Tubeに刺激をもらうことは多いです。

たとえば、⇒ これ 

================================

リーダーシップやムーブメントについてかなり詳しい人も、
これからたった3分間の映像を見て、どのような教訓があるか考えてみよう。

リーダーとはたった1人で立つ勇気が必要だ。
そして、ときにバカっぽくも見える。

成功の鍵は、リーダーは単純な事しかしないことだ。
フォローされるよう、リーダーはわかりやすく!

しばらくすると、
ムーブメントの運命を握る最初のフォロワーが来る。
リーダーは、彼を自分と上下関係なく受け入れる。

最初のフォロワーが、友人達を手招きすることに注目しよう。
最初のフォロワーになるには、勇気がいる。
最初のフォロワーになるのは、目立ち、バカになること。

最初のフォロワーは、表に出ない形のリーダーシップだ。
最初のフォロワーは、単なる1人のバカをリーダーに変える!
リーダーの火を大きく燃やせるのは、最初のフォロワーだ!

フォロワーが2人に増えたら転換点だ。
最初のフォロワーが、いい仕事をした証拠だ。

もはや1人のバカではない、3人はニュースだ!

ムーブメントはみんなのものにしよう。
リーダーだけが注目されるのではない。

さらに、2人3人と増えていく。
そして、ついにその時がやってくる。

臨界点を超えて、ムーブメントが発生する!

今まで参加をためらっていた人も、どんどん飛び込んで来る。
新しい人はバカにされず、変人扱いもされない。

こうしてムーブメントは生まれるのです。

もし、あなたが裸の男をたった1人でやるのであれば、
最初の数人のフォロワーと、
あなたは上下関係なく大切に接しなければならない。

ムーブメントのありとあらゆることを明確に!
ムーブメントはみんなのものにしよう。
フォローされやすいようにわかりやすく。

そして最大の教訓だが、
リーダーシップは称えられ過ぎているのだ。

最初に裸で踊った男は名声を得られるかもしれないが、
この映像であなたも見ただろう。

単なる1人のバカをリーダーに変えたのは、最初のフォロワーだ!
最初のフォロワーなくしてムーブメントなし。

ムーブメントを創る最善の道は、勇気を持って飛び込み、
他の人にフォローする方法を示すことだ。

もし、すごいことをする1人のバカを見つけたら、
立ち上がり、飛び込むガッツを持とう。

================================

本田宗一郎に藤沢武夫あり。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-07-08 14:03 | 見て聞いて考えた