ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

個人・組織・社会とキャリアデザイン

ひさしぶりに、日本ファシリテーション協会(FAJ)の例会に出ました。
法政大学キャリアデザイン学部とのコラボです。

「あなたの組織、キャリア開発なんかに取り組んで大丈夫?---個人のキャリアデザインが組織を変える?」というワークショップで、こんなことを考えました。

 ------------------

これからあるべき社会視点のキャリアデザインとは・・・

企業の価値は、キャリア観に微妙に投影されているでしょう。
成長を当然のことと考えたり、スキルをふやしていくべきだ、とかいうことです。

しかし、今日、社会の価値は変わろうとしています。
日本においては、特にそうです。

地球という船から、ギリギリまで資源を絞って、たくさんの人間が生きています。
そのひずみがポンとあからさまになったのが、今回の原発事故と言えなくもない。

これからの社会は、否応なしに、分ちあいの社会です。
有限を前提に、引き算の発想が必要です。

さて、そうなると、企業組織だって、価値を変えざるをえない。
生産性を追求し、売上げだ、利益だと言っていたのが、ひっくりかえるかもしれない。

そんなに皆が皆、ガンガンもうけようとしなくてもよい。
そこそこのもうけで、それを分け合うという安定した企業もよいのではないか。

そこではワークライフバランスや多様性が価値として求められます。

たとえば、高齢者も、いつまでも働きなさいではなくて、さっさと退職するのです。
そして、その人件費は、若い人に回される。

上が抜け、下に入る。
組織の中で仕事がバトンタッチがされていく、循環システムができます。

年寄りはいつまでも働かず、ライフのほうを楽しむのです。
若い人が定期的にはいってくるからこそ、組織は活性化するのです。

少しでもよい人間をという近視眼で、若い人を長々と採用選考で縛り続けるのはいけません。

そんな企業社会では、たくさんしゃかりきに働きたい人はそのように、そうでない人はまた、それなりに働けるのです。
育児中の女性だって、子育てという楽しみを感じながら仕事ができます。

得ようとして得た何かよりも、その得ようとする過程を味わいます。
いわば、コンテンツより、プロセスを重んじるのです。

生き方の次元では、充実感が尊ばれます。

たとえば、自己効力感や、自己決定感こそが大事。
今どこにいて、何をしているのかがわかれば人は安心し、社会に対して関わりを保つ限り、充実して生きられます。

いくら稼いだかなど、二の次。
そうです。人は、人生の時間をどう充実して生きるかが問題なのですから。

そんな、価値の転換した社会が、必要です。

できるはず。
だって、あれほど四の五の言っていたサマータイムや時短が、電気が足りないとなったとたんに、たちまちできたではありませんか。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-11-28 00:08 | ファシリテーション

人生という旅・駅で

旅に出るとします。

若いので、これから起こるであろう色々なことは知りません。
乗り越えるために役立つ知識や能力も、あまりありません。

どこに行きましょう。
まずは駅に行きます。

最初から目的地をはっきり決めている人、決めていない人。

あの新幹線に乗ればいいのだと知っていて、もう乗りこんだ人がいます。

目的地は知っていても、どれに乗ればいいのか知らず、うろうろしている人もいます。
「のぞみ」の人、「ひかり」の人、「こだま」の人。
普通の特急に乗った人もいます。

目的地を、まだはっきりとは決めていない人もいます。
まずは、そっち方面に向かう列車に乗りましょうか、たとえば西の方。

まるで決めていない人もいます。
とりあえず来た列車に乗り込みます。

生きたい方向はあるのだけれど、新幹線は買えないしなと自分で決めて、各駅停車に乗った人。
お金はないのに、途中で稼ごうと、高い列車に乗ってしまった人。
親が、しっかり終着点までの切符を持たせてくれた人。
近郊だけを走る電車に乗った人も。

春、旅が始まります。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-11-15 10:23 | コーチング,カウンセリング

ワーク・ライフバランスって深い

小室淑恵さんのお話を聴いてきました。

ワーク・ライフバランスの考え方を企業が取り入れるべきという主張は、もちろん「その通り」と思います。
すばらしいと思ったのは、例をあげる視点です。

NTT西日本は、8年後、社員数が3分の1になる。

2007年問題、続々と企業から吐き出された定年到達者は、10年したら介護される側になる(可能性が高まる)。

たしかに、そうですね。
こうしたマクロでみる視点は、ドラッカーにも通じるような・・・。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-11-09 10:03 | 見て聞いて考えた

がんばれ白熱教室

NHKの「白熱教室」はハーバード、スタンフォードときて、このところはずっと日本の大学が取り上げられています。

ICU、慶応義塾、明治などと、たまに見るのですが、続けてみる気になりません。
ちっとも白熱教室じゃないから。

多少双方向でやってますが、結局先生が講義してるだけですね。
私が昔受けた講義より、ずいぶんましではありますが。

しかしその程度なら、はっきり言って企業研修の講師のほうがもっと上です。

正解の出ないテーマを何とか考えさせることをしようとしているのは感じますが。
マイケル・サンデル教授の構成と引き出し方とは、まるで違う。
アメリカと日本、彼我の差を感じますね。

さて、今度始まった大阪大学の小林傳司 (こばやし ただし)コミュニケーションデザイン・センター教授の回は、だいぶましです。
楽しみにしています。
[PR]
by 50TEMPEST | 2011-11-02 22:48 | 見て聞いて考えた