ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

震災から1年

また3.11が来ました。

国を挙げてビジバシ手を打ちましたという風にならないのが、何とも歯がゆい。
政治家たちの上げ足とり大好きには困ったものです。

大文字焼きの松の木事件に代表されるように、放射線がからむと大騒ぎが始まって、自治体、各種団体、たちまち手を引っ込めてしまいます。
廃棄物を何とかしないといけないのに。

事件に学んで、集落を高台に移させたり、高い堤を作らせた、過去のリーダーたちの業績も色々紹介されます。
やっている時は、きっと彼らもあれこれ言われたことと思います。

しかし、押し切ったのです。
喉元すぎれば、ますますそんな仕事はやりにくくなるでしょう。

あちこちの局で特番をやっています。
何となく見る気がしません。
かえって気が滅入るばかりですから。
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-11 16:33 | 東日本大震災

自律性を否定する言葉

◎自律性を否定する言葉

 できない (しないと言うかわりに)
 やってみる、努力してみる (すると言うかわりに)
 感じさせられた、感じさせる (感じたと言うかわりに)
 「それ」対「私」 (私と言うかわりに、それという言葉を使う)
 「人間」対「私」 (私と言うかわりに、人間という言葉を使う)
 「私たち」対「私」 (私と言うかわりに、私たちという言葉を使う)

     メリー&ロバート・グールディング
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-09 07:14 | 日々の交流分析

思考に気をつけなさい

含蓄に満ちた戒めを。


 思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから

  言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから

   行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから

    習慣に気をつけなさい それはいつか性格になるから

     性格に気をつけなさい それはいつか運命になるから

                           ・・・マザー・テレサ
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-08 10:42 | どこかで知った名言・至言

これはゴミだね

コンサルタント 白川 克氏のブログから

「ゴミだね」を恐れて指示を待っていると、永遠にゴミしか作れない。
・価値があると信じて自分の頭で考えたモノを作る。
・そして「ゴミだね」と言われる。
・そこでイチイチ立ち止まらずに、また自分の頭で考えて作る。
この繰り返しでしか、プロフェッショナルになれない。
傷ついたことを「ゴミだね」と言った人のせいにしているうちは、決してプロフェッショナルにはなれない。


そうなんだよなぁ・・・。
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-07 00:01 | どこかで知った名言・至言

どうにかなることは、どうにかなる

スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫さんの座右の銘。

 どうにかなることは、どうにかなる
   どうにもならんことは、どうにもならん


鈴木氏はこう語ります。
「生きて行く上で窮地に立たされることってあるじゃないですか。
 そういうとき、その言葉、役に立つよね。そう思ってます。」

今でこそ、押しも押されもしないスタジオジブリですが、前は何かと大変なことも多かったでしょう。
いや、大所帯で、名前も知られるようになったらなったで、別の大変さは生まれてくるもの。

彼が言うからこそ、味があると思います。




 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」言葉のチカラSP2 
2012年2月6日放送
「プロフェッショナルを導いた言葉」より
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-05 07:22 | どこかで知った名言・至言

むかーし、あったんだどー 110 行火

行火は、あんかと読みます。

育ったのが北海道で、南とはいえ冬はけっこう寒く、家も今ほど断熱がよくなかったので、夜は冷えました。
子供の頃、品川あんかというのが流行りました。

四角くて、留め金をはずして半分に開くと、石綿が詰めてあり、真中に凹みがつくってあります。
豆炭をストーブに入れて真っ赤に熾し、この凹みに乗せて閉じます。

これを布団の足元に入れると、たいそう暖かい。

行火は、布でしっかり包みます。
ついてくる袋などでは、とても熱すぎます。

長くつかっていると、布はボロボロになってしまうのです。
あれは熱のせいでしょうか。

豆炭の赤熱が足りないと、途中で消えてしまいます。
十分だと、きれいに燃えて、白い灰になります。

次の晩、これをポンと捨てて、また次の豆炭を乗せるという繰り返し。

冬の夜の心強い味方でした。
[PR]
by 50TEMPEST | 2012-03-04 10:20 | むかーし、あったんだどー