ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

時間とは v1.1

時間とは・・・

 たつもの
  きざむもの
   計るもの
    経るもの
     流れるもの
      ともにあるもの

時間とは・・・

 作るもの
  つぶすもの
   ひねり出すもの
    もて余すもの
     残すもの
      消えてなくなるもの

時間とは・・・

 かせぐもの
  盗むもの
   活かすもの
    追うもの
     たどるもの
      有効に使うもの

時間とは・・・

 待つもの
  来るもの
   行くもの
    追いかけてくるもの
     押し流すもの
      ことを解決してくれるもの

時間とは・・・

 過ごすもの
  過ぎるもの
   過ぎゆくもの
    過ぎ去るもの
     惜しむもの
      懐かしむもの
[PR]
by 50tempest | 2012-07-22 15:05 | 見て聞いて考えた

見果てぬ夢

 見果てぬ夢

To dream the impossible dream
To fight the unbeatable foe
To bear with unbearable sorrow
To run where the brave dare not go

To right the un-rightable wrong
To love pure and chaste from afar
To try when your arms are too weary
To reach the unreachable star

This is my quest
To follow that star
No matter how hopeless
No matter how far

To fight for the right
Without question or pause
To be willing to march into Hell
For a heavenly cause

And I know if I'll only be true
To this glorious quest
That my heart will lie peaceful and calm
When I'm laid to my rest

And the world will be better for this
That one man, scorned and covered with scars
Still strove with his last ounce of courage
To reach the unreachable star
 ------------------------------------------------

ミュージカルで、ここ一番の歌の歌詞は、やはり力がありますね。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-11 07:12 | 朗読

夢に向かって一歩ずつ進むことが大切だ

「苦しまなければ、よいことは絶対に起こらない」

「厳しさの中で楽しさを表現する」

「戻りたい過去はありません。過去は過去ですから」

「夢をつかむか、つかめないかではなく、夢に向かって一歩ずつ進むことが大切だ」

                           三浦知良

---------------------------------------------------------------

状況の中で、カズはしっかり発言します。

当たり前のようなのだけれど、サッカー選手は、インタウュアーに目も合わせず、裏面交流的発言をする人が多い。
誰かがやったそれを、カッコいいと、美学にしているのでしょう。

しっかりいうのは長谷部選手もそうですね。
カズも長谷部も、自分を認めているのだと思います。

特にカズは、波の上も下も、いろいろ経験しながら、一定のスタンスをとり続けています。
そこがすごい。
若い選手には、そちらを見習ってほしいものです。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-10 07:48 | どこかで知った名言・至言

むかーし、あったんだどー115 肝油

子どもの頃、よく「カワイの肝油ドロップ」という粒上のゼリーを食べさせられました。
甘くなってるので、別に嫌いではありませんでした。

肝油というのですから、もともと肝臓からしぼった油ですね。
鮫の肝臓らしいです。

ビタミンが豊富なので、学校給食の補助食品として使われたのだと思います。
今風に言えば、サプリメントというわけです。
これは給食とは別に申し込んで金を払った気がします。

夏休みなども、一定期間分を買いました。
缶などの容器にはいったものを受け取りました。
灯台型のプラスチック容器を覚えています。

ビタミンは、欠乏を防がなければならないものとして教わりました。
「不足すると、~を招くもの」という記述でした。
脚気とか、くる病とか、鳥目とか。

そんなものにはならずに済んだので、その意味では、肝油に下支えをしてもらったのでしょう。

ところで、大人になって、各種ビタミンの本質的な意味を学びました。
エネルギー代謝を助けるとか、体の酸化をコントロールするとか。
今はどう教えられているのでしょうか。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-09 07:34 | むかーし、あったんだどー

プロの仕事は、命がけの道楽

 プロの仕事は、命がけの道楽である

             ・・・曽野綾子

 -------------------------------------------

そもそも仕事というものは、「おもしろい」ものだと思います。
また刺激的なものだと思います。
だからこそ、人は燃え尽きてまでするのです。

ましてプロの仕事です。
これは命がけです。
精力も時間も、絞り出すのです。

すごいプロだから小手先で喜ばせられるのではありません。
陰で、すごい努力をしているから、それが可能なのだし、仮に小手先と見えたとしても、そうしているわけではないのだと思います。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-07 07:32 | どこかで知った名言・至言

銀は金より良い

体操の内村航平さんのお母さんは、
息子が金メダルを取れなかったとき、
こういったそうです。

 銀は金より良いって書くんだよ


息子がどれだけ努力してきたのかを知っている親としては、何かを言ってやらないと収まりません。
とっさにそんな言葉が浮かんだのでしょう。

常識的に言ったら、内容的にはつまらないことです。

しかし、内村選手は、その内容ではなく、自分をいたわって、励まそうとしてくれている、気持ちを受け取ったのだと思います。
コンテンツではなく、プロセスを受け取ったのですね。

交流分析的に言うと、裏面交流があったのです。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-06 07:01 | どこかで知った名言・至言

人はみな世界を変えたいと

 人はみな世界を変えたいと思うが、
  自分を変えたいとは思わない

                 トルストイ

-------------------------------------------------

対人関係で、相手の足りない点は目につきやすいものです。
でも、自分の足りない点には気づかない。

そして、仮にそれを知る機会があったとしても・・・。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-05 07:38 | どこかで知った名言・至言

むかーし、あったんだどー114 虚無僧

NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」を見ていたら、タイトルバックのジオラマに、ちらっと虚無僧が出てきて、思わず「オゥ」と声が出てしまいました。
天蓋という深い笠をかぶり、尺八を持つ特有の姿で街を歩いているのは、私も昔、時々見たものです。

時代劇にはよく出てきますね。
侍が身を隠して何かをさぐるとか、敵が虚無僧姿でぞろぞろ出てくるとか。

歌舞伎では、忠臣蔵九段目で、加古川本蔵がこの姿で登場します。
禅宗系の宗派の僧が、修行に歩く姿なのだと聞きました。

虚無僧には尺八がつきものです。
この楽器も、虚無僧を介して普通の人になじんだのではないでしょうか。

虚無僧は姿が特有で、顔も見えないので、仏教の修行姿としては、かっこいい気もします。
昔は武士しかなれなかったそうです。
昭和の当時は、どんな人がやっていたのでしょう。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-04 11:38 | むかーし、あったんだどー

むかーし、あったんだどー113 食堂車

以前の特急列車には、たいてい食堂車がついていました。
列車の高速化とともに、なくなったのです。

2度ほど入った経験があります。
たいしたメニューはなくて、けっこういい値段でした。

東北に出張して東京に戻るとき、上司と入ってビールを飲んだことを覚えていますが、よく揺れて落ち着きませんでした。
こんなところでサービスする人も大変だなと思いました。
もちろん新幹線になる前の話ですよ。

もう一度は、一人だけのとき、一番安いカレーライスを食べたんだったと思います。
若い頃でお金もなく、それ以上のものを食べる気にはなりませんでした。

今、食堂車がまったくないわけではなくて、トワイライトエクスプレスのような豪華寝台列車だけにはあります。
ここで出すメニューは本当に豪華です。
ある意味、正しい姿になったように思います。

食堂車がなくなり、そのぶん弁当が発達しました。
旅としては、それでまったく不自由ありませんね。
[PR]
by 50tempest | 2012-07-02 18:40 | むかーし、あったんだどー