ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

オペラ「カプレーティとモンテッキ」公演情報

千葉市の住宅地にある小さなオペラハウス、
風の丘ホールで、珍しい出し物があります。

====================

小空間オペラvol.36 
 「カプレティ家とモンテッキ家」 

      ベッリーニ
字幕付き原語上演(一部カット)

 2013年4月21日(日)  14時開演 
         27日(土)  13時開演
         29日(月祝) 14時開演

 風の丘ホール
  総武線新検見川駅から 徒歩10分
  または京成バスで停留所ひとつ 通りのすぐ向かい
                
  ロメオ:向野由美子 
  ジュリエッタ:光岡暁恵
  テバルド:井出 司
  カッペッリオ:鹿又 透
  ロレンツォ:大川 博

  演出:岩田達宗
  音楽監修・ピアニスト:御邊典一

 チケットはこちら★
  1列指定 5,800円
  2列指定 5,300円
  3列目以降自由席 4,800円
  小中高校生
   1・2列指定席 2,800円
  大学生(25歳まで) 3,500円  (全4席限定)

  前売りはカード払いもできます

====================

オペラ版の「ロミオとジュリエット」です。
同じお話で、グノーもオペラを書いています。そちらはフランス語。
今回の公演は、ベッリーニの作品でイタリア語。

日本での上演はめったにありませんが、ソプラノのアリア集などにはよく登場する作品です。
オペラファンは必見です。

オペラを見たことがない方でも、もちろん大丈夫。
風の丘は、敷居の高い劇場ではありません。
大ホールではなく、観客のすぐ目の前で展開されるドラマに、引き付けられること請け合いです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-04-05 09:49 | 歌舞伎,オペラ

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である

道徳なき経済は犯罪であり、
 経済なき道徳は寝言である

            二宮尊徳

 -------------------

「マインドなきスキルでは、人はついてこない」
私たちの業界では、よくそう言いますが、通じるものがありそうです。

本当に二宮尊徳が言ったのかなあ、とは思います。
言ったとしても、どんな意味で言ったのか。

たとえば経済という言葉が、今私たちが使う意味だったかどうか。
経済とは、福沢諭吉が作った言葉だったのではないか・・・。

ではありますが、この言葉そのものは、たしかにそうだと思います。

ニュースで耳にはいる、「道徳なき経済」の多いこと。

逆に、ただ思いにまかせ、現実感覚なしに身を削る方も。

戯言とまで言うのではありませんが、たとえば一部の介護事業経営者さんにも、それに近い方があるかもしれません。
人を使う以上は、人育ての経営感覚が必要です。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-31 11:14 | どこかで知った名言・至言

いちばんいけないのは、自分なんかだめだと思いこむことだよ

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 いちばんいけないのは、自分なんかだめだと思いこむことだよ

         マンガ ドラえもん 藤子・F・不二雄著

 --------------------------
そうです。
誰でも、得難い価値があるのです。

どうしてこんなにも、今の若い人たちは自己肯定感が薄くなってしまったのでしょう。
このドラえもんを、必修教科書にしたいです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-27 07:21 | どこかで知った名言・至言

この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか

              アイルトン・セナ (F1レーサー)

 --------------------------
そうです。
日本では、俗に「生きてるだけで丸儲け」なんて言い方をしたりします。

セナは英雄でした。
輝いていました。

その頃、私はF1をよく見ていました。
セナの事故以来、あまり見なくなってしまいました。

セナは短い人生でしたが、普通の人の一生分以上を、輝きを放ちながら、濃く生きたのではないかと思います。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-25 07:16 | どこかで知った名言・至言

釜石小学校校歌

 釜石小学校校歌

   作詞:井上 ひさし
   作曲:宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
 ひとりで立って まっすぐ生きる
  困ったときは 目をあげて
   星を目あてに まっすぐ生きる
    息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
 びくびくせずに はっきり話す
  困ったときは あわてずに
   人間について よく考える
    考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
 まことの知恵を しっかりつかむ
  困ったときは 手を出して
   ともだちの手を しっかりつかむ
    手と手をつないで しっかり生きる

 --------------------

異色の校歌です。

この歌を歌いながら、生徒たちは全員無事に津波をのがれ、
学校が避難所になった間は、この歌が被災者たちを励ましました。

釜石の防災教育はすばらしかった。

この歌は小学校ですが、中学校でも全員無事に避難したのでした。
しかも、お年寄りたちに知らせ、引率してです。

ちなみに釜石中学校校長、渡辺真龍氏はわが高校の同期生。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-22 10:37 | 見て聞いて考えた

あきらめたら、そこで試合終了だよ

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 あきらめたら、そこで試合終了だよ

              マンガ SLUM DUNK 井上雄彦著

 --------------------------
そうです。
最後の底力が結果を変えるということは、あるのです。

最近、アメリカのバスケットボールの試合の様子がインターネットにアップされていました。

試合終了寸前、2点差で負けているチームが、自陣ゴール下から敵ネットめがけて遠投、これが入ってしまう。
いや、それだけなら案外よくある。

このケースでは、投げたボールを敵(勝っている側)がジャンプしてカットしてしまうのです。
で、はたかれて戻りかけたボールを、投げた側がまた取り、また遠投シュート。

何と、これがスッポリ入って3点シュート成立。
最初の遠投では届かなかっただろうシュートが、大逆転につながってしまうのです。

まさに劇画の世界。
それはゲームのこと? いやいや、そんなことが起こるんだと思うだけで、人生楽しいじゃないですか。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-22 07:00 | どこかで知った名言・至言

基本をきっちり続けることが、自分の方の基本を作ってくれた

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 家をきれいにする、約束を守る、お礼の手紙を書く、
   そういう基本をきっちり続けることが、
     自分の型の基本を作ってくれたと思っています

                          笑福亭釣瓶

 --------------------------
そうです。
人間としての生き方の基本の基本は大事です。

それを軽視していることから起きている、現代の問題はたくさんありそうです。

そうした規範を伝えるのは親の役目、特に父性なのですが、
お父さんは仕事、仕事になり、お母さんは「お勉強」だけに関心を持つことで、
手抜きになり、そうした形で継承されてきてしまったように思います。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-20 07:30 | どこかで知った名言・至言

何かを捨てないと前に進めない

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 何かを捨てないと前に進めない

    スティーブ・ジョブス(アップル創業者)

 --------------------------
そうです。
過去にこだわっていては、前進できないのです。

アップルという、新しい時代に新しいものを生み出してきた会社。
今、皆が思い浮かべるものの他にも、たくさんの失敗作もあったでしょう。

特に、今のアップルではない。
ベンチャーとしてのアップル。

とすれば、何かを切捨て、資源をやりくりしながら、叱咤激励してきたはずです。

そんなふうに思い浮かべると、この言葉も単なる「当たり前」の言葉ではなく、心の叫びのように感じられます。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-18 07:24 | どこかで知った名言・至言

心に刃を載せる

忍・・・心に刃を載せて生きる

    大鵬の座右の銘


私の子供時代、相撲といえば大鵬でした。

強かった。
堂々としていた。
土俵入りが美しかった。

彼は揮毫を求められると、「忍」の一字を書くことが多かったそうです。

もうひとつは「夢」。

心に刃を載せて。
つまり、常に自分を厳しく律して生きる。
そうしてこそ、先に夢があるということでしょうか。

あるいは、夢に向かうためには心に緊張を忘れるな、ということでしょうか。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-08 07:16 | どこかで知った名言・至言

苦しみがなくなるのではない 苦しみでなくなるのです

苦しみがなくなるのではない 苦しみでなくなるのです

    荒了寛さん(天台宗ハワイ開教総長・大僧正)


『365日を穏やかに過ごす心の習慣。』より。
これぞストレスの対処法の極意。
私がストレスマネジメントの研修で言っていることです。

ストレス解消というと、ストレスのもとをなくすことによって、ストレスもなくそうという発想をする人が多いようです。
それは、いわば外科的対処。
でも、なくせないことって、たくさんあるのです。

ストレスによるメンタル不調を予防する観点からは、心の柔軟性を高めることのほうが、よほど早道なのです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-06 08:03 | どこかで知った名言・至言

音楽は、腹は一杯にならないけれど

音楽は、腹は一杯にならないけれど、胸は一杯にできるんだ

                           宮沢和志


名曲「島唄」を作った宮沢さん。
震災後、多くのアーチストたちと同様、自分の無力さを思ってばかりいたそうです。
被災地に誘われて、気が進まないまま出かけて歌った時、湧き上がった思いが、この言葉。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-04 07:57 | どこかで知った名言・至言

夢は自分の口に

夢は自分の口に出すことが、一番の近道だと思います。

  篠田麻里子(AKB48)  日清食品のCMで


似たようなことは、成功法則本などにもたくさん書いてあります。
いまどきの若い人の間では、どのように思われているのかしら。

AKBの人たちは、前向きな人が多いのですが、カフェのウエイトレスをしながら追加枠でチャンスをつかんだというマリコ様がこう言うと、説得力がありますね。
[PR]
# by 50tempest | 2013-03-01 07:50 | どこかで知った名言・至言

至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり

至誠にして動かざるものは、
   未だこれ有らざるなり

          吉田松陰

------------------

ベストを尽くして動かせないものなど、
いまだかつてないのだ、ということでしょうか。

昔、吉田松蔭という人は、かなり年配でなくなもったものと思い込んでいました。
まだ29歳で亡くなっているのです。

経験上この言葉を感じたというよりは、そう信じていて、そのように語りかけたということでしょう。
幕末の若き志士たちを動かした、熱い支えの言葉です。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-18 07:18 | どこかで知った名言・至言

子供は未来であり、希望だ

南相馬のみんなが、
 これからこの子供たちの世話になるんだ
  子供は未来であり、希望だ

       高橋亨平氏(南相馬の産婦人科医)

-------------------------

震災のあと、ひとりだけ南相馬に残って診察を続け、たくさんの出産にかかわりました。

がんの発病がわかり、自分自身の治療に通院しながら、ぎりぎりまで診察を続けたそうです。

2013年の1月22日、永眠。合掌。  朝日新聞夕刊より
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-15 07:18 | どこかで知った名言・至言

自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかないのよ

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかないのよ

     マツコ・デラックス(タレント)

 --------------------------
そうです。
絶対の幸せなどないのです。

人は、自分をめぐる大きなものの、一面を見て暮らしています。
一面を見ると、それ以外の面は見えないのです。

そして、足りないことには目が行きがち。

私は、初めてマツコさんを見た時、なんだこの人は・・・とひっくりかえりましたが、近頃は彼(彼女?)の見識を認めます。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-13 07:37 | どこかで知った名言・至言

成功の反対は失敗ではなく、「やらないこと」だ

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 成功の反対は失敗ではなく、「やらないこと」だ

     佐々木則夫(サッカー女子代表監督)

 --------------------------
そうです。
失敗からは、たくさん得たのです。

だから、ある意味、成功のすぐ隣にいる。

やらないのは、傷つかないけれど、何も得ていないのです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-11 07:35 | どこかで知った名言・至言

簡単にできる人事考課~マトリクスを賞与査定のモノサシにする

先日、ある研修でマトリクス(2軸でできる4つの象限)を使って物事をタイプ分けすることを教えていたところ、参加者さんからこんな質問が出ました。

このマトリクスを、賞与査定のモノサシに使えないだろうか、というのです。
その方はマネージャーなのですが、賞与配分で部下の評価を求められたものの、その職場にははっきりしたモノサシがないとのことです。

小さな会社や新しい会社では、そんなこともよくあるかもしれません。
現場のマネージャーは、部下を公平に扱いたいですから、基準がないと困りますよね。

たとえば、こんな会社でなら、やれるかもしれません。
・全部の部下が単一の仕事をしている
・配分する賞与額はあまり大きくない

要領は以下の通りです。
---------------------------
◎まずはフレームを作る

要するに、賞与の査定とは、その期に稼いだ利益の一部を分けっこする基準です。
手順を複雑にしようとすればいくらでもできますが、そうしたところで、原資が増えるわけではありません。

そう考えると、シンプルな方がわかりやすくてよいのです。
毎年賞与原資は変動します。がんばっても、もうからない年もある。
大事なのは、分けっこの基準として、納得性の高い決め事であること、年ごとの事情にかかわらず続けて使えることです。

マトリクスを基準にするということは、賞与を4段階で分けるわけです。
仮に、Aクラス 20万円、Bクラス 17万円、Cクラス 15万円、Dクラス 10万円としましょうか。

これを全体の基準としておいて、個別に評価すべき人には特別枠としていくらか上乗せするといいでしょう。
また、Dクラスには基準額なしで、個別に金額を決めるというやり方もありそうです。

これを2つの基準で決めることにします。
この基準は、「何をほめるか」ですから、よく考える必要があります。

ここでは、ひとつは ①賞与原資を稼ぐことにつながる行動としましょう。
たとえば、積極的に仕事の件数をこなす、お客様に提案をする、案件ごとにコストダウンをはかる、などです。

もうひとつは ②会社をよくすることにつながる行動としましょう。
仕事全体の改善を提案する、技法を改良する、部下や後輩の指導をする、社内のムードメイクをする、などです。

漢字の田の字のような、4象限のマトリクスを書きます。
直交する軸、つまり真ん中の漢字の十の部分を、横線を①の行動の軸、縦線を②の行動の軸とします。

横線の両端に、右側に「多かった」、左側に「少なかった」と書きます。
縦線の両端に、上側に「多かった」、下側に「少なかった」と書きます。

田の字で見ると、
右上・・・それらの行動がどちらも多かった人 ⇒A
右下・・・稼ぐ行動をよくしたが、会社をよくする行動はイマイチだった人 ⇒B
左上・・・会社をよくする行動はよくしたが、稼ぐ行動はイマイチだった人 ⇒C
左上・・・どちらの行動もイマイチだった人 ⇒D
の4枠ができます。

この4つに見えるメガネで、部下を見通すわけです。


◎評価してみる

部下の「この期の行動」をふりかえって、見るべき行動の量が多かったか、少なかったか、エイヤッと2組に分けていきます。
①賞与原資を稼ぐことにつながる行動
②会社をよくすることにつながる行動
と、順にみていきます。

その結果として、部下を4組に分けることができます。
ホワイトボードに大きな田の字を書いて、ながめながら名前を入れていく方法もあります。

普通のマネージャーは、評価をつける=分けるところまででしょうね。
ただ、分けた結果がどうなるのか、おおづかみには知っておくほうがよいでしょう。

会社の要求がA、B、Cの3段階査定なら、上記のBとCをひとくくりにしてはどうでしょう。


◎評価の軸の考え方

さて、評価すべき基準として、何を軸にするのがよいでしょうか。

上記では、毎年の「結果としての額」は変動することを考えて、結果につながる可能性が高い行動に着目しました。
そして、結果を生むであろう直接の行動と、組織的にそれを支えることになる行動とを評価軸にしてみました。
いろいろやったが今期は数字につながらなかったとか、担当しているお客様の関係で数字は期待できないといった事情も救済できると思います。


上記のほかには、直接的に、ひとつを受注額そのものとか、利益額そのものにすることも考えられます。
何と言っても、その人がそれだけ原資を持ってきたわけですからね。
そのようにすれば、成果的な賞与配分ということになります。


また、ひとつを稼ぐ行動、もうひとつをコストダウンの行動とすることも考えられます。
「入る」をはかり、「出る」を制した結果が賞与原資というわけですから。
なお、このような並列的なモノサシを据えることはよくあるのですが、私は、どちらか主になるものをしっかり決める方がよいと思います。

軸は、会社が社員に最も求めるかのメッセージです。
配分についての話し合いや、配分された額を通して、メッセージは社員に伝わるのです。


なお、ここでは話をシンプルにするために、「多かった」、「少なかった」、のふたつに分けて考えましたが、ここに、「普通」というグループを作ればマトリクスは3×3になり、9つの枠ができることになります。
このほうがもっともらしく見えるとは思いますが、それぞれの枠をいくらに設定するのが適切か、わかりにくくなります。
一長一短ですね。


賞与査定のほかにも、昇給査定があります。
これにも使えないことはありませんが、評価の軸はさらによく考えて作る必要があります。

「社員としてはこうあってほしい」というイメージが、どこの会社にもあると思います。
それは、単純にたくさん稼ぐとかいうのではなく、その会社が長期的に目指す姿につながり、体現したものでなければなりません。
そして、それが日頃どこまでできているか、力がついているか、といった観点になります。
そうなると、軸が2本だけではむずかしいかもしれませんね。


さて、こうして作ったマトリクスのモノサシは、一人で勝手に使うよりも、他のマネージャーにも使ってもらうのがいいでしょう。
また、経営者と話し合って、公式なものとして認めてもらうことです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-09 07:18 | 仕事の記録

一度地獄をを見ると、世の中につらい仕事はなくなる

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 一度地獄をを見ると、世の中につらい仕事はなくなるんです。
  苦しい経験を若いうちにするからこそ、得られるものもある。

     池上 彰(ジャーナリスト)

 --------------------------
そうです。
その時は、つらくてつらくて、辞めてしまいたくなる。

でも、そこで得るものは大きいし、そんな経験をしたこと自体も、後でどれだけ肥やしになることか。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-08 07:29 | どこかで知った名言・至言

自分がわかっていないことがわかるということが一番賢い

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 自分がわかっていないことが
  わかるということが一番賢いんです

     鷲田清一(哲学者)

 --------------------------
そうです。
学べば学ぶほど、わからないことが出るものですね。

大きな視点に立ってこそ、自分がわからないということがわかるのかもしれません。

またその時、そのことを受け入れられることも、大事なのだと思います。
器の小さいうちは、ただただそれを引け目に、わかろうと奔るものです。

わからない自分を、大きな姿勢で受け入れられる境地のことを、言っているのではないでしょうか。

大智は愚のごとし、などといいますから。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-06 07:20 | どこかで知った名言・至言

強い者が勝つのではない

◆座右の銘にしたい 現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 強い者が勝つのではない
  勝った者が強いのだ

     フランツ・ベッケンバウアー

 --------------------------
そうです。
考えるスポーツマンは、案外多いのですね。

この方は、元西ドイツのサッカー代表。
私の子供のころの、名選手中の名選手でした。

勝ちに不思議の勝ちあり
 負けに不思議の負けなし
というのは、わが朝の野村克也氏の名言。

勝ちと負け、どちらに焦点を当てるかはともかく、
努力を積み重ねた末に、何かを引き寄せられる人が
強い人ということでしょうか。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-04 07:00 | どこかで知った名言・至言

「東京家族」見てきました

「東京家族」見てきました。
泣けました。

リメイクといえばリメイクなのですが、これはこれで立派な、山田洋次監督の後期の代表作と言われるだろうと思います。
若いころから、「東京物語」を教科書にして、俺ならここはこう撮る、などと考え続けていたのではないか。

「東京物語」には、わかりにくさがあると思っています。
小津安二郎監督の美学というか、画像に描き切らないところがあるのです。

そのあたり、しっかりドラマとして構成してくれています。
場面、演技など、脇役の、細かなところにまで、神経のゆきとどいているのです。

それでいて、ひとつのセリフを、役者を真正面からしっかりとらえて言わせたり、セリフとセリフを重ねないリズム感など、小津監督風の味を敢えて出しています。
小津監督に捧げるというメッセージもわかります。

吉行和子が、特にいい。
さりげなく、血の通った人間を描き出しています。

都会に住む者として、自分自身の生き方もつきつけられるところがあります。
心洗われる映画でした。
[PR]
# by 50tempest | 2013-02-02 07:41 | 見て聞いて考えた

使ってみたい「ネガポ」な言い換え

ネガティブな言葉をポジティブに言い換える「ネガポ」辞典ってあるんですねえ。

朝日新聞 土曜版 2013.1.26 アンケート結果から

 1 いいかげん⇒おおらか
 2 気が多い⇒好奇心旺盛
 3 つきあいが悪い⇒「No!」と言える
 4 飽きっぽい⇒切り替えが早い
 5 退屈⇒平穏無事
 6 頭が固い⇒心が強い
 7 失敗⇒成功への架け橋
 8 一匹おおかみ⇒自主性がある
 9 空気が読めない⇒周りに流されない
10 往生際が悪い⇒粘り強い

11 愛想が悪い⇒こびを売らない
12 着信にし⇒便りがないのは良い便り
13 鈍感⇒打たれ強い
14 器用貧乏⇒マルチな才能がある
15 ドジ⇒おちゃめ
16 あきらめが早い⇒限界を知っている
17 他力本願⇒頼れる仲間が多い
18 暇人⇒自由人
19 融通が利かない⇒周りに流されない
20 オタク⇒好きなものを好きと言える


まことに物は言いようであります。
ちなみに、この中で私が好きなのは、

 7 失敗⇒成功への架け橋  です。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-30 07:02 | 見て聞いて考えた

最強のチームとは

ドレミファソラシドをブレンドすると、
 モーツァルトやベートーベンが生まれる

最強のチームとは、
 上司と部下が本音でまざり合う刺激的なブレンド

-----------------------
ダイドーの缶コーヒーのTV-CMです。

「Blend is Beautiful.」がコンセプトです。

HPより引用-------------------------

「ブレンド」とは何か?それは、多くのものを混ぜることで起こる相反と矛盾。
それを乗り越え、奇跡ともいえる調和を見つけ出すことで生まれる「複雑な味わい」。
「Blend is Beautiful.」の世界が動きはじめる。

さまざまな楽器で構成されるオーケストラが、指揮者のタクトによって美しく調和のとれた音楽を奏でる。
バラバラの音が「ブレンド」されることによって生まれる、奇跡のハーモニー。

スポーツにおいて、監督と選手はそれぞれの個性をぶつけ合い、ときに反目しあいながらも、チームの勝利に向けて心を一つにしていく。
立場を超えた刺激的な「ブレンド」が最強のチームを生む。
[PR]
# by 50TEMPEST | 2013-01-28 07:45 | TVコマーシャルからヒント

君はこれからも何度もつまづく

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 きみはこれからも何度もつまづく
  でも、そのたびに立ち直る強さも持ってるんだよ
                     ドラえもん

 --------------------------
そうです。
自分の強さを信じましょう。

自分が自分を信じてやりなかったら、誰が信じてくれるでしょう。

でも、こんなことをドラえもんに言われたら、
「ドラえもん~」って、しがみついていきたくなりますね。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-25 08:05 | どこかで知った名言・至言

反省することは反省する。でも

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 反省することは反省する。でも一度寝たら忘れる
                     古田 敦也

 --------------------------
そうです。
後をいつまでも引きずることはないのです。

何を学ぶか。
反省とは、そういうことです。

でも、日本流の反省って、くよくよ暗くなるのが多いですね。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-24 08:02 | どこかで知った名言・至言

「負けたことがある」というのが、いつか、大きな財産になる

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 「負けたことがある」というのが、いつか、大きな財産になる
                     「スラムタンク」より 井上雄彦

 --------------------------
そうです。
負けたから、次は勝つぞと、考えるようになるのです。

負けたから、相手の大きさを知って、謙虚になるのです。

そうしたことを続けることで、人は人になるのてしょう。
すべての刺激は、ストロークなのですね。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-23 07:57 | どこかで知った名言・至言

ゴールは遠いなあと、がっかりするのも

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 ゴールは遠いなあと、がっかりするのも道のりです
                      糸井 重里

 --------------------------
そうです。
自分に成長があったということは、目も高くなったということです。

ということは、それまで気づかなかったことに気づくのです。

したがって、ゴールはある面では近くなりながら、同時に遠くなってしまう面もあるのです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-22 07:52 | どこかで知った名言・至言

前向きにもがき苦しむ経験は、

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 前向きにもがき苦しむ経験は、
  すぐに結果にむすびつかなくても、
   必ず自分の生きる力になっていく
                      落合 博満

 --------------------------
そうです。
何事も無駄はないのです。

むしろ、すぐに結果にむすびつくほうがまれでしょうね。
そう思っていることです。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-21 07:46 | どこかで知った名言・至言

なかにし礼さんを支えた読書の力

がんから復帰した、作詞家、作家のなかにし礼氏は、陽子線治療という、手術をせずに治療する方法をとったというので話題になりました。
この治療法、すべてのがんに有効というわけではないのでしょうが、すばらしい話です。

また『徹子の部屋』で、彼は、若いころから読んだ本のメッセージが浮かんできて、力づけられたと語っていました。
闘病中は、今までないくらい、読書三昧だったとも。

このことに、私はひかれました。

書物は、今までの人間の知の結晶です。
教えられることは、当然多くあるでしょう。

しかし、人は時間に追われて、なかなか読書に打ち込むことはしません。
特に昨今は、多くの情報を一気に詰め込んで、浅いところで処理して通り過ぎるというのが、主流のスタイルです。

彼の場合は、もちろん読書というだけではなく、思索が付随していたことでしょう。
限られた時間の意識と、極度に高まった感性が、それを支えていたはずです。

書物を通して気づく、ビブリオセラピーというものがあると、聞いたことがあります。
厳密な定義は知りませんが、彼にも、それと同じことが起きていたのだろうと思います。

そしてすばらしいことに、陽子線療法が、日常にほとんどダメージを与えないこと。
手術だと、回復までには相当のダメージがありますから、まあ固い本を読む気力など、ないものです。

読書好きにとっては、その面でも朗報というべきでしょう。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-19 08:17 | 見て聞いて考えた

いつか、必ず、チャンスの順番が

◆落ち込んだ時元気になる現代の名言
     日本経済新聞2013年1月12日 NIKKEIプラス1より


 いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい

                      秋元 康

 --------------------------
そうです。
夢は、いつか叶うのだ、多くの人の言っていることです。

ただ、この言葉自体は、ありきたりというか、秋元さんらしくない表現ですね。

48人もいても、じゃんけんで勝ち抜ける可能性があるってことかな。
[PR]
# by 50tempest | 2013-01-18 07:44 | どこかで知った名言・至言