ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

つぶやき 2005.1~2005.6

私の会社では社内データベースの社員紹介ページがブログ風に使われています。
私は毎月更新しているので、自分の記事を記録としてここに転載します。
  *****************************

2005.6
●最近思うこと
あばらのあたりの皮膚がヒリヒリするなと思ううちに、小さな発疹群ができました。これはまずいぞと皮膚科に行ったら、案の定、帯状疱疹でした。これは子供のときにやった水疱瘡のウイルスが体内に潜んでいて、抵抗力が弱ったときに暴れだすのです。きっと疲れが出たのでしょう。いい機会だと思って土日を含めて4日間休みましたが、動くと痛いので、つい動かないようにしてしまいます。すると、気持ちのほうも明るくならないのです。不思議なものです。

●今月のお薦め図書
「古の武術を知れば動きが変わる、カラダが変わる」甲野善紀

●今月の質問
今日1日に点数をつけるとすると、100点満点の何点ですか。
明日は何点にしたいですか。

2005.5
●最近思うこと
時々、ちょっとふしぎなことに出会います。思うことが向こうからやってくるのです。
先日は、前からお会いしたいと思っていたA先生に会えました。何の気なしに本屋さんに入ったら、そこにいらっしゃったのです。ご挨拶したら、近著を紹介してくださいました。そしてそれを買ってみたら、どこかにこんな教材はないかなと思っていた内容が、ピタリ出ていました。

●今月のお薦め図書
「オーケストラ指揮法」 高木善之
指揮者はオーケストラに楽器を構えてもらうことが第一歩なのだそうです。
管理者クラスや、チームをまとめる人にぜひ。プレゼンスコントロール、コーチング、その他、人をまとめることに必要なすべてが、この本に含まれています。

●今月の質問
あなたは生きるうえで、どんなことにこだわっていますか
もしそのこだわりを手放すとしたら、そのことで得られるものは何ですか

2005.4
●最近思うこと
2日間の新人研修を3組やりました。かなり疲れましたが、人数が多ければ多いなりに、少なければ少ないなりに、場の味わいがありました。
今年は進め方をかなり変えました。アンケートを見ると、その部分が好評のようなので、やるべき方向が見えたかなと思っています。

●今月のお薦め図書
「ラッキーをつかみ取る技術」 小杉俊哉

●今月の質問
あなたはどんな仕事を楽しいと感じますか
仕事がどうなれば楽しく感じると思いますか
あなたがどうすれば仕事は楽しくなりますか

2005.3
●最近思うこと
旅立ちの日に」という歌が、今、中学校の卒業式で一番歌われているのだそうです。もとは埼玉の某中学で10年前に校長先生が詞を作り、音楽の先生が曲をつけたものです。それが年々感動とともに日本中に広がっているのです。覚えやすくて美しい曲です。
今年も多くの人たちが人生の節目を迎えます。

  旅立ちの日に   小嶋 登:作詞 坂本浩美:作曲

白い光の中に 山なみは萌えて
遥かな空の果てまでも 君はとび立つ
限り無く青い空に 心ふるわせ
自由を駆ける鳥よ ふり返ることもせず
勇気を翼にこめて希望の風にのり
この広い大空に夢をたくして

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあのとき
心かよったうれしさに 抱き合った日よ
みんなすぎたけれど 思い出強く抱いて
勇気を翼にこめて 希望の風にのり
この広い大空に夢をたくして

いま別れのとき
飛び立とう未来信じて
弾む若い力信じて
このひろい
このひろい大空に

いま別れのとき
飛び立とう未来信じて
弾む若い力信じて
このひろい
このひろい大空に

●今月のお薦め図書
「自分の考えを深める技術」山浦晴男

●今月の質問
今やりたいことは、何と何と何と何ですか

2005.2
●最近思うこと
娘はそこそこ強い近眼で、今度角膜の手術を受けて視力を矯正します。ほとんど失敗はないとのことですが、目のことなので心配は心配。ただ娘が自分で決めたことは何であれ支持すると決めています。娘の話では、決意したのは新潟の地震がきっかけ。パッと避難できないのはまずいと考えたそうです。

●今月のお薦め図書
「まずこのセリフを口に出せ!」齋藤 孝
ポイントをこれだけわかりやすく書いてくれていれば、あとは実践だけですね。

●今月の質問
「やってみてどう?」
部下後輩のいる方のための質問です。時々こう質問してあげてください。
私の朗読の先生はコーチングの素養もあるので、いつも生徒に聞きます。
「読んでみてどうでした?」。自己分析がそこから始まります。

2005.1
●最近思うこと
年間100冊というのを読書の目標にしています。
昨年は、12月にはいった時点で危なかったのですが、塩野七生と藤沢周平で冊数をかせいで、どうやら103冊達成しました。日本語が美しいと読むのが楽になります。
書棚を整理しながら数えたら、読んでない本が100冊以上ありました。まったく買わなくても1年はもつということなんですが・・・。

●今月のお薦め図書
「ザ・ビジョン」 ケン・ブランチャード

●今月の質問
「イメージしてください、今は2005年の大晦日。
   今年は一番、何にワクワクしましたか?」
コーチのマツダミヒロさんのメルマガからご紹介。
[PR]
by 50TEMPEST | 2005-01-01 08:25 | 他に書いた記事