ゆめ芝居 それがしの申しますことひと通り・・・

igarashi.exblog.jp
ブログトップ

名前を呼んで TVコマーシャルからヒント

●その1
重い病の三蔵法師。
「お師匠様!」
「ご、悟空。沙悟浄。
 それから、あの、・・・・・・ブタ」
思わぬ言葉に、泣いてその場を走り去る猪八戒。派遣会社に電話する。
   * *
コーチングでいう「承認」ですね。
名前を呼んでもらうかどうかだけで、受け手は自分が受け入れられているか読み取ろうとしてしまうのです。三蔵法師がどんな気持ちでそうしたのかとは別問題なのです。

●その2
いそいそと同窓会に出かけようとする老人。
家の奥から娘の声。
「お父さん。出かけるなら〇〇(入れ歯安定材)つけていったら?」
ムッとする老人。
「いらないよ!」
「あらぁ。つけていけば楽しいのに・・・。」
   * *
コーチングでいう「提案」ですね。
話し手は、相手の気持ちを尊重するつもりで、ついこんな言い方をします。
でもその前に心の通い合いができてないと、「大きなお世話」になってしまいます。
入れ歯安定材の実用効果は心の中で認めながらも、言い方に反応してしまうお父さん。
「つけていきなさいよ」と言われたほうが、「ああ、そうだね」となったかも。
[PR]
by 50TEMPEST | 2004-07-29 08:52 | TVコマーシャルからヒント